カテゴリー「03 書評」の331件の記事

2017年10月10日 (火)

紹介:『政治行動論』が『朝日新聞』(2017年10月8日付)に掲載されました

L15029


飯田健・松林哲也・大村華子/著

『政治行動論――有権者は政治を変えられるのか』
→書籍情報はこちら






pencil『朝日新聞』2017年10月8日付の「ひもとく 大義なき解散・総選挙」という記事の中で,本書が紹介されました。紹介者は,早稲田大学・齋藤純一教授です。

「日本の有権者がこの間どのように行動してきたかをデータも挙げて分かりやすく説明し,どう行動すれば,政府や政治家の『応答性』(民意に沿った政策形成)を高められるかを示唆する良書である」

2017年10月 5日 (木)

書評:『地域ブランディングの論理』が『マーケティングジャーナル』第37巻2号に掲載されました

L16480
小林哲/著

『地域ブランディングの論理――食文化資源を活用した地域多様性の創出』

→書籍情報はこちら




pencil『マーケティングジャーナル』第37巻2号の「ブックレビュー」コーナーにて,ご紹介いただきました。評者は髙橋広行・同志社大学准教授です。

「地域という素材に対して,マーケティング領域のブランド研究の視点でユニークに切り込んでいく。単に事例の面白さだけでなく,理論とどのように融合するのか,ビジネス・ブランド研究のどの概念で対比していくのか,など様々な視点で楽しめる。」

書評:『グローバル化とショック波及の経済学』,『国民経済雑誌』第216巻3号に掲載。

L16485


小川 光 編
『グローバル化とショック波及の経済学――地方自治体・企業・個人の対応』

2016年10月刊

 →書籍情報はこちら




motorsports 『国民経済雑誌』第216巻3号に書評が掲載されました。評者は赤井伸郎・大阪大学教授です。

pen「本書は・グローバルな内生的ショックとローカルな外生的ショックの両面から,そのショックへのさまざまな主体の対応のあり方を検証しているという点で,読者にとって,1冊で多様な視点を学べる価値ある書籍となっている。もちろん,より詳細な分析や実態を学ぶには,それぞれのショックに特化した書籍を読む必要があるが,まずショック対応という視点での全体像を学ぶのには,効率的・効果的な書籍であるといえよう」

2017年9月 4日 (月)

書評:『子どもへの司法面接』の書評が『子どもの虐待とネグレクト』第19巻第2号に掲載

L17413

仲真紀子/編著
『子どもへの司法面接――考え方・進め方とトレーニング』

 
→書籍情報はこちら






motorsports『子どもの虐待とネグレクト』第19巻第2号に本書の書評が掲載されました。評者は藤澤陽子(国立きぬ川学院)さんです。

pen「ぜひ多くの関係者がこの本を手にし,一人でも多くの子どもたちへの対応が安全に進むことを願いたい」
「子どもたちの被害が闇に葬られることのないよう,被害を受けた子どもを取り巻く関係者が手を携えるような社会実現に向け,本書がなしうる貢献は大きいと期待される」

2017年8月17日 (木)

紹介:『地方財政を学ぶ』が『地方自治職員研修』に掲載されました

L18435


沼尾波子,池上岳彦,木村佳弘,高端正幸/著
『地方財政を学ぶ』

2017年5月発売
→書籍情報はこちら




book『地方自治職員研修』(2017年8月号)の「BOOKS」欄にて取り上げていただきました。

"きわめて密接な関係にある国の財政制度との関係も含めて、日本の地方財政制度について分かりやすく解説する"

2017年7月19日 (水)

書評:『現代アメリカ経済史』がエコノミストに掲載されました

L16492谷口明丈・須藤功/編

『現代アメリカ経済史――「問題大国」の出現』


2017年5月刊

→書籍情報はこちら


pen本書の書評が『エコノミスト』(2017.7.25号)Book Reviewコーナーに掲載されました。評者は上川孝夫・横浜国立大学名誉教授です。

「オバマ政権の『レガシー(遺産)』,またこれに続くトランプ政権時代を,現代米国経済史の歴史像としてどう描くか。……本書の続編を期待する読者は少なくないはずだ。」

2017年7月11日 (火)

書評:『はじめてのNPO論』が『新潟日報』に掲載されました

L15041_3



澤村明・田中敬文・黒田かをり・西出優子/著

『はじめてのNPO論――一緒に役割を考えよう』

2017年4月刊

→書籍情報はこちら

『新潟日報』(2017年7月9日)の「郷土の本」コーナーにてご紹介いただきました。


2017年7月 6日 (木)

書評:『政治行動論』が『選挙研究』32(2)に掲載されました

L15029

飯田健・松林哲也・大村華子/著


『政治行動論――有権者は政治を変えられるのか』




→書籍情報はこちら


pencil『選挙研究』第32巻2号に,「書評」が掲載されました。評者は三輪洋文・学習院大学准教授です。

「章ごとに異なる分野の幅広い内容を扱っているにもかかわらず,全体が共通の問題意識により貫かれている」

2017年6月 8日 (木)

紹介:『日本地方財政史』が『自治日報』に掲載されました

L16498

小西砂千夫/著

『日本地方財政史――制度の背景と文脈をとらえる』


2017年5月刊

→書籍情報はこちら

clip『自治日報』(2017年6月2日号)の「新刊紹介」欄にて取り上げていただきました。

2017年5月31日 (水)

書評:『地域ブランディングの論理』が『日経広告研究所報』に掲載されました

L16480小林哲/著


『地域ブランディングの論理――食文化資源を活用した地域多様性の創出』




→書籍情報はこちら


pencil『日経広告研究所報』(292号)の「ブックレビュー」コーナーにてご紹介いただきました。評者は三浦俊彦・中央大学教授です。

「本書は,食資源を中核とする地域ブランドづくりの方法論がつまっており,各章の詳細で深い事例分析とともに,地域ブランドを考えるすべての人に薦めたい」

より以前の記事一覧

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1