カテゴリー「  14 歴史・考古学ほか」の35件の記事

2015年12月18日 (金)

新刊:『イタリア・アカデミックな歩きかた』

L17418

丹野義彦 (東京大学教授)/著

2015年12月21日発売
四六判並製カバー付 , 232ページ
定価 2,700円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-17418-4

大学発祥の地をめぐるアカデミック・ガイド

続きを読む "新刊:『イタリア・アカデミックな歩きかた』" »

2015年12月17日 (木)

新刊:『東アジア近現代史〔新版〕』

L15945

上原一慶 (元京都大学名誉教授)
桐山昇 (中央大学名誉教授)
高橋孝助 (宮城教育大学名誉教授)
林哲 (津田塾大学名誉教授)/著

有斐閣Sシリーズ
2015年12月19日発売
四六判並製カバー付 , 370ページ 
定価 2,808円(本体 2,600円)
ISBN 978-4-641-15945-7

私たちの未来を展望するために,四半世紀ぶりの大改訂

続きを読む "新刊:『東アジア近現代史〔新版〕』" »

2015年6月 3日 (水)

書評:『中国の歴史』『週刊エコノミスト』に掲載。

L12191
濱下武志 (静岡県立大学グローバル地域センター副センター長,東京大学名誉教授)・平勢隆郎 (東京大学教授)/編

有斐閣アルマ  Interest

2015年3月刊

→書籍情報はこちら


pencil 『週刊エコノミスト』(2015年6月9日号)の「Book Review」の「歴史書の棚」欄において紹介されました。評者は,加藤徹・明治大学教授です。


「日本史・朝鮮史・ベトナム史の視点も盛り込まれ,女性史や農村,治水,儒教と呪術など興味深いテーマが扱われている。」
「本書を読むと,古来,東アジアには中国・日本・朝鮮など複数の自称「中華」が存在し,それが現代にも影を落としていることが分かる。」 

続きを読む "書評:『中国の歴史』『週刊エコノミスト』に掲載。" »

2015年2月10日 (火)

新刊:『中国の歴史』

L12191
濱下武志 (静岡県立大学グローバル地域センター副センター長,東京大学名誉教授)・平勢隆郎 (東京大学教授)/編

有斐閣アルマ  Interest

2015年03月刊
四六判並製カバー付 , 362ページ
定価 2,808円(本体 2,600円)
ISBN 978-4-641-12191-1

◆中心と周縁のダイナミズム,社会と文化の多方面から理解する新しい中国の歴史◆

続きを読む "新刊:『中国の歴史』" »

2013年10月23日 (水)

新刊:『新しい時代の図書館情報学』

22010
山本順一 (桃山学院大学教授)/編

『新しい時代の図書館情報学』

有斐閣アルマInterest
2013年10月刊
四六判並製カバー付 , 238ページ 
定価 1,890円(本体 1,800円)
ISBN 978-4-641-22010-2

◆今,図書館がおもしろい◆

続きを読む "新刊:『新しい時代の図書館情報学』" »

2013年5月23日 (木)

著者より:『現代に活きる博物館』「書斎の窓に掲載

183421_3

君塚仁彦・名児耶明/編
『現代に活きる博物館』


2012年12月刊
→書籍情報はこちら

pen編者のお一人・君塚仁彦先生が,本書の刊行にあたって『書斎の窓』(2013年5月号)にお寄せくださいましたエッセイを,以下に転載いたします。

◆博物館を知り、考えてもらうために――『現代に活きる博物館』刊行に寄せて

1 「何を、どう伝えるのか」という問い

日本は世界有数の博物館数を誇る国である。特に、地域レベルでの博物館数の多さは世界に類をみない。しかし、2010年、戦後一貫して右肩上がりで推移してきた国内の博物館数が初めて減少に転じた。各地で公立博物館の統合や閉館も相次いでいる。まさに、博物館そのものの存在意味が問い直されなければならない時期に当たる昨年末、有斐閣から大学生向けのテキスト『現代に活きる博物館』を刊行させていただくことができた。

続きを読む "著者より:『現代に活きる博物館』「書斎の窓に掲載" »

2013年3月19日 (火)

著者より:『北・東北アジア地域交流史』「書斎の窓」に掲載

124509姫田光義/編
『北・東北アジア地域交流史』

2012年7月刊
書籍情報はこちら

pen編者の姫田光義先生が,本書の刊行にあたって『書斎の窓』(2012年12月号)にお寄せくださいましたエッセイを,以下に転載いたします。

◆夏さりぬ オリンピックに甲子園◆
 
――歴史研究は 「時空を超え」 られるか

姫田光義

 
 筆者の編になる 『北・東北アジア地域交流史』 が刊行されてホットしながら毎晩 (夜明け) オリンピックを観戦していた。 甲子園がこれに重なったので、 昼も夜もスポーツ観戦づくめだった。 それから原稿が書けないまま、 騒ぎのさなかの中国東北部を訪れ、 不安ながらも無事に帰国してきた。 そこであらためて日記に記した拙い俳句 (川柳?) を思い出した。
 「夏去りぬ オリンピックに甲子園」

続きを読む "著者より:『北・東北アジア地域交流史』「書斎の窓」に掲載" »

2012年12月26日 (水)

新刊:『現代に活きる博物館』

183421君塚仁彦 (東京学芸大学教授)
名児耶明 (五島美術館学芸部長)/編

『現代に活きる博物館』

有斐閣ブックス

2012年12月発行
A5判並製カバー付,250ページ
定価 2,205円(本体 2,100円)
ISBN 978-4-641-18342-1

◆これからの博物館を考えるために◆

続きを読む "新刊:『現代に活きる博物館』" »

2012年9月25日 (火)

書評:『現代アメリカ』 「週刊エコノミスト」で紹介

124196_3渡辺 靖/編

『現代アメリカ』
2010年11月
→書籍情報はこちら

 

book『週刊エコノミスト』2012年9月11日号特集「今読む本」にて,竹中平蔵氏の薦める「経済を極める本」として紹介いただきました。

2012年8月13日 (月)

書評:『現代韓国を学ぶ』 「出版ニュース」に掲載

281288小倉 紀蔵 (京都大学准教授)/編
『現代韓国を学ぶ』


2012年3月刊行
→書籍情報はこちら

book『出版ニュース』2012年8月中旬号のBook Guide欄で紹介されました。

より以前の記事一覧