カテゴリー「  12 哲学・思想・倫理学・宗教学」の21件の記事

2012年8月13日 (月)

書評:『現代韓国を学ぶ』 「出版ニュース」に掲載

281288小倉 紀蔵 (京都大学准教授)/編
『現代韓国を学ぶ』


2012年3月刊行
→書籍情報はこちら

book『出版ニュース』2012年8月中旬号のBook Guide欄で紹介されました。

2012年7月12日 (木)

担当者語る①:「現代韓国を学ぶ」

281288小倉紀蔵 編
『現代韓国を学ぶ』

2012年3月刊
→書籍情報はこちら

 

 

――まず,この本をつくることになったきっかけを教えてください。

元々は,近年さかんになっている日韓文化の交流から,日韓関係の変化を描くような本を書いていただきたいと考えていました。著者は当初から韓流研究の第一人者の小倉紀蔵先生にと思っていて依頼に伺ったところ,先生はそういう本はもう書いたので,むしろ網羅的なテキストをおつくりになりたいとのことでした。韓国の政治・経済・文化を網羅的に解説した本がないからとのこと。テキスト刊行の多い有斐閣としても有り難いお申入れでしたので,先生のご提案のセンで企画がスタートしたんです。

続きを読む "担当者語る①:「現代韓国を学ぶ」" »

2012年5月17日 (木)

訂正:『現代韓国を学ぶ』

281288小倉紀蔵/編

『現代韓国を学ぶ』
2012年3月刊
→書籍情報はこちら

118頁,198頁,318頁に誤りがありました。
お詫びして訂正いたします。

続きを読む "訂正:『現代韓国を学ぶ』" »

2012年5月 9日 (水)

書評:『現代韓国を学ぶ』 「京都新聞」に掲載

281288小倉 紀蔵 (京都大学准教授)/編

『現代韓国を学ぶ』
有斐閣選書

2012年3月発行
 →書籍情報はこちら

book2012年5月6日付『京都新聞』読書欄で紹介されました。

2012年3月19日 (月)

電子書籍:『文芸にあらわれた日本の近代』

Yuhi70029猪木武徳/著

『文芸にあらわれた日本の近代―社会科学と文学のあいだ』

2012年3月19日電子書籍版配信開始!

価格 : 2,100円(税込)

お求めはこちら→ボイジャーストア
 ※無料の体験版もございます

続きを読む "電子書籍:『文芸にあらわれた日本の近代』" »

2011年10月21日 (金)

著者より:『はじめて学ぶ宗教』 「書斎の窓」に掲載

173774岡田典夫・小澤浩・櫻井義秀・島薗進・中村圭志/著
『はじめて学ぶ宗教――自分で考えたい人のために』

2011年05月発行
→書籍情報はこちら

pen 著者の島薗進先生が,本書の刊行にあたって『書斎の窓』(2011年10月号)にお寄せくださいましたエッセイを,以下に転載いたします。

◆表情ある宗教入門――『はじめて学ぶ宗教』で宗教の喜怒哀楽を考える
=島薗 進(しまぞの・すすむ,東京大学大学院人文社会系研究科教授)

教科書というと「素っ気ない本」というイメージがある。とくに宗教についての教科書というと無味乾燥な本だろうなとすぐ思ってしまう。もちろん宗教そのものは無味乾燥ではなく,ときに味が濃すぎるほどだ。しつこいぐらいの表情を押しつけてくるのが宗教本の1つの特徴かもしれない。だが,「宗教についての教科書」は特定宗教に引き込むようなことがあってはならないと考えられている。「事実としての宗教,現象としての宗教をクールに説明する」――これが宗教教科書の定番だ。

続きを読む "著者より:『はじめて学ぶ宗教』 「書斎の窓」に掲載" »

2011年7月12日 (火)

書評:『はじめて学ぶ宗教』 「出版ニュース」に掲載

173774_3岡田典夫・小澤浩・櫻井義秀・島薗進・中村圭志/著
『はじめて学ぶ宗教――自分で考えたい人のために』
2011年05月発行
→書籍情報はこちら

book『出版ニュース』(2011年7月上号p.14)で紹介されました。

2011年6月30日 (木)

書評:『はじめて学ぶ宗教』 「佛教タイムス」に掲載

173774_3岡田典夫・小澤浩・櫻井義秀・島薗進・中村圭志/著
『はじめて学ぶ宗教――自分で考えたい人のために』
2011年05月発行
→書籍情報はこちら

book『佛教タイムス』(2011年6月23・30日合併号)の「読書案内」コーナーで紹介されました。

「・・・宗教への危険性や問題点を知ると同時に、今尚、宗教がなぜ人々に希望や生きる力を与えているかが分かる仕組みだ。・・・・・オウム事件以来の宗教への偏見・差別を解く、新しい見方を得られるだろう。」

2011年4月20日 (水)

新刊:『はじめて学ぶ宗教』

173774岡田 典夫 (茨城キリスト教大学名誉教授)
小澤 浩 (前富山大学教授)
櫻井 義秀 (北海道大学教授)
島薗 進 (東京大学教授)
中村 圭志 (編集,翻訳,著述業)/著

『はじめて学ぶ宗教――自分で考えたい人のために』

四六判並製カバー付, 280ページ
定価 1,995円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-17377-4
2011年05月発行

◆「いかに生きるか」という問いからはじめる◆

続きを読む "新刊:『はじめて学ぶ宗教』" »

2011年4月 6日 (水)

著者より:『現代アメリカ』 「書斎の窓」4月号に掲載

124196_3渡辺 靖 (慶應義塾大学教授)/編

『現代アメリカ』

→書籍情報はこちら




pen編者の渡辺靖先生が『書斎の窓』(2011年4月号)に寄稿されたエッセイ「一番伝えたいアメリカを平易に――『現代アメリカ』刊行にいたるまで」の全文をお読みいただけます。





◆一番伝えたいアメリカを平易に――『現代アメリカ』刊行にいたるまで◆

                               渡 辺  靖

●自由かつ大胆な執筆者の人選

このたび有斐閣アルマシリーズの一環として編著『現代アメリカ』を上梓できたことを嬉しく思います。振り返ってみれば、2008年12月に編集部から一通の手紙をいただいたのがご縁の始まりでした。当時はアメリカ史上初のアフリカ系大統領が誕生した高揚感が日本国内にも漂っており、オバマ大統領のスピーチ本が次々とベストセラーになっていました。歴史の大きな分岐点となった2008年という年に、編集部が現代アメリカに関する入門書の出版を企画したのは極めてタイムリーだったと思います。

続きを読む "著者より:『現代アメリカ』 「書斎の窓」4月号に掲載" »