« 『「働くこと」を社会学する 産業・労働社会学』サポートページ | トップページ | 紹介:『そのクチコミは効くのか』の書評が『消費と生活』に掲載されました »

2019年3月 1日 (金)

紹介:『行動分析学』の書評が『臨床心理学』に掲載されました

L22102

坂上貴之 ・井上雅彦 著

『行動分析学 ―― 行動の科学的理解をめざして』
→ 書誌情報はこちら




『臨床心理学』第19巻2号に『行動分析学』の書評が掲載されました。評者は坂井誠先生です。

 「読み応えのある内容がぎっしり詰まっている」

 「行動分析学ビギナーのみならず、科学を志向する多くの臨床家に一読を薦めたい」

« 『「働くこと」を社会学する 産業・労働社会学』サポートページ | トップページ | 紹介:『そのクチコミは効くのか』の書評が『消費と生活』に掲載されました »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紹介:『行動分析学』の書評が『臨床心理学』に掲載されました:

« 『「働くこと」を社会学する 産業・労働社会学』サポートページ | トップページ | 紹介:『そのクチコミは効くのか』の書評が『消費と生活』に掲載されました »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1