« 『新しい時代の教職入門〔改訂版〕』資料 | トップページ | 付加データの提供:『国際金融のしくみ 第4版』 »

2018年12月20日 (木)

『ゲーム理論で考える政治学』付加データの提供

Game_cover_image_small

『ゲーム理論で考える政治学――フォーマルモデル入門』

浅古泰史 (早稲田大学教授)/著

2018年12月発売(詳しい書籍情報はこちら






【主な目次】

Introductionゲーム理論という視点
Part I:選挙と政治
 chapter1 低投票率──人々が投票するのはなぜか
 chapter2 選挙競争──誰の意見が政治に反映されるのか
 chapter3 汚職──政治家の汚職を減らせるか
 chapter4 連立政権──政党間協力は野合か
Part II:情報と政治
 chapter5 政治家の資質──良い政治家を選抜できるか
 chapter6 選挙運動──選挙費用は公費で賄うべきか
 chapter7 メディア──報道の自由は確保されているか
 chapter8 脱官僚──政治家が政策決定をするべきか
Part III:世界と政治
 chapter9 政治体制──なぜ独裁者は邪悪に走るのか
 chapter10 民主化──なぜ民主主義に移行するのか
 chapter11 戦争──なぜ戦争が起こるのか
 chapter12 平和──戦争を避けることはできるのか

【“Exercise” 解答集のご案内】

本書の演習問題 “Exercise” の解答集(pdf形式)を提供いたします。
著作権法で認められた範囲内でのご利用をお願い申し上げます。

→ ダウンロードはこちらから(2019.01.08改訂 11-2 (ii))

« 『新しい時代の教職入門〔改訂版〕』資料 | トップページ | 付加データの提供:『国際金融のしくみ 第4版』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ゲーム理論で考える政治学』付加データの提供:

« 『新しい時代の教職入門〔改訂版〕』資料 | トップページ | 付加データの提供:『国際金融のしくみ 第4版』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1