« 『金融の仕組みと働き』学習用サポートページ | トップページ | 『労働経済学』ウェブサポートページ »

2017年11月 1日 (水)

『実証から学ぶ国際経済』サポートサイト

L16517

『実証から学ぶ国際経済』



清田耕造・神事直人/著

2017年12月発売
くわしい書籍情報は→こちら

本書の練習問題で用いるデータや解答・手順,計算結果,プログラム実行ファイル(Stata,R)などを提供しています。

  【ご注意】
  • 本サイトで提供しているデータについては,本書の著者がデータの出所となる各機関から,このような形でデータを提供することについて許可を得ているか,または当該機関が定めたルールに従って提供しています。
  • 本サイトから入手したデータの利用は,個人利用の範囲に限定します。もし他者に提供する場合は,ご自身で各データの提供元の許可を得るようにして下さい。
  • また,学生の方が授業のレポートなどで利用する場合なども含めて,本サイトから入手したデータを使用して図表を作成したり,データを使用して分析した結果を示したりする際には,必ず各データの提供元および清田耕造・神事直人『実証から学ぶ国際経済』(有斐閣)をデータの出所として明記するようにして下さい。
  • 解答例,データ,プログラムファイルなど本サイトのコンテンツはすべてお客様自身の責任と判断においてご利用下さい。
  • 作成にあたっては,内容に誤りがないようできる限り注意を払いましたが,結果生じたこと(損害等)には,著者,出版社とも責任を負いかねます。予めご了承ください。

1.練習問題の解答・手順[PDF]

2.練習問題で用いるデータ・計算結果・プログラム例
(1) 問題1-2(データ・計算結果[ZIP])
(2) 問題2-1(データ・計算結果[ZIP])  (参考) 品目分類表[XLS]
(3) 問題5-2(データ・計算結果[ZIP])
(4) 問題7-3(データ[ZIP],実行プログラム例(Stata[ZIP]R[ZIP]))

  【ご注意】

  • データはcsv形式,計算結果はxls形式(エクセル・ファイル)になっています。
  • zipファイルになっているものは解凍してからお使い下さい。
  • 各プログラムについて,Stataはver.14,Rはver.3.4.1で動作確認をしています。

3.本サイトで提供しているデータの出所
(1) 問題1-2
 「ex1-2.csv」
  ・日本の資本と労働の賦存量
   (出所)日本産業生産性データベース(JIP データベース(2012 年版)

(2) 問題2-1
 「ex2-1.csv」
  ・日本の品目別輸出入額
   (出所)UN Comtrade(国連)

(3) 問題5-2
 「ex5-2.csv」
  ・日本の資本と労働の賦存量
   (出所)総務省(2011)『平成7-12-17年接続産業連関表』

(4) 問題7-3
 「ex7-3-1.csv」
  ・世界182カ国の国土面積,内陸国ダミー
   (出所)GeoDistデータベース(CEPII)
  ・世界182カ国の2005年の人口,貿易シェア,一人当たり実質GDP
   (出所)Penn World Table (PWT)  Version 6.3
 「ex7-3-2.csv」
  ・世界182カ国の二国間貿易額(輸出額・輸入額,2005年)
   (出所)Direction of Trade Statistics (IMF)
  ・世界182カ国の二国間の組み合わせに関する隣接国ダミー,共通言語ダミー,二国間距離
   (出所)Gravityデータベース(CEPII)

« 『金融の仕組みと働き』学習用サポートページ | トップページ | 『労働経済学』ウェブサポートページ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/65990626

この記事へのトラックバック一覧です: 『実証から学ぶ国際経済』サポートサイト:

« 『金融の仕組みと働き』学習用サポートページ | トップページ | 『労働経済学』ウェブサポートページ »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1