« 書評:『グローバル化とショック波及の経済学』,『国民経済雑誌』第216巻3号に掲載。 | トップページ | 紹介:『政治行動論』が『朝日新聞』(2017年10月8日付)に掲載されました »

2017年10月 5日 (木)

書評:『地域ブランディングの論理』が『マーケティングジャーナル』第37巻2号に掲載されました

L16480
小林哲/著

『地域ブランディングの論理――食文化資源を活用した地域多様性の創出』

→書籍情報はこちら




pencil『マーケティングジャーナル』第37巻2号の「ブックレビュー」コーナーにて,ご紹介いただきました。評者は髙橋広行・同志社大学准教授です。

「地域という素材に対して,マーケティング領域のブランド研究の視点でユニークに切り込んでいく。単に事例の面白さだけでなく,理論とどのように融合するのか,ビジネス・ブランド研究のどの概念で対比していくのか,など様々な視点で楽しめる。」

« 書評:『グローバル化とショック波及の経済学』,『国民経済雑誌』第216巻3号に掲載。 | トップページ | 紹介:『政治行動論』が『朝日新聞』(2017年10月8日付)に掲載されました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/65877093

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:『地域ブランディングの論理』が『マーケティングジャーナル』第37巻2号に掲載されました:

« 書評:『グローバル化とショック波及の経済学』,『国民経済雑誌』第216巻3号に掲載。 | トップページ | 紹介:『政治行動論』が『朝日新聞』(2017年10月8日付)に掲載されました »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1