« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月27日 (木)

付加データ:『心理調査の基礎』図表データのご案内

 

L17428

『心理調査の基礎』

日本心理学会監修

サトウタツヤ (立命館大学教授),鈴木直人 (同志社大学教授)編

2017年04月発売

くわしい書籍情報は→こちら



【主な目次】

第1章 心理調査の基本的考え方と歴史 (サトウタツヤ:立命館大学)
第2章 心理統計の基礎  (鈴木直人:同志社大学)
第3章 調 査      (三浦麻子:関西学院大学)
第4章 実 験       (関口理久子:関西大学)
第5章 観 察        (小島康生:中京大学)
第6章 面 接       (川野健治:立命館大学)
第7章 尺度構成     (秋山学:神戸学院大学)
第8章 検 査       (田中芳幸:京都橘大学)
第9章 実践と倫理     (渡邉卓也:東京大学)


【図表データ提供のご案内】

本書を大学等のご授業・ゼミ等にてテキストとして採用いただきました先生方に,
本書に掲載されている図表の電子データを提供いたします。
ご授業などにぜひご活用ください。

ご希望の方は,以下のメールアドレス(有斐閣書籍編集第2部宛)まで,
氏名とご所属,ご採用予定の授業名を添えてご連絡ください。

sho2あっとyuhikaku.co.jp
("あっと"を"@"に変更してください)

【ご注意】

お申込みをいただく際には,以下の3点につきまして,
メール内でご同意の旨を明記頂きますよう,お願い申し上げます。

  • 本データファイルを商用利用しないこと
  • 本データファイルを第三者に譲渡しないこと
  • 本データファイルを無断で複製しないこと

2017年7月19日 (水)

書評:『現代アメリカ経済史』がエコノミストに掲載されました

L16492谷口明丈・須藤功/編

『現代アメリカ経済史――「問題大国」の出現』


2017年5月刊

→書籍情報はこちら


pen本書の書評が『エコノミスト』(2017.7.25号)Book Reviewコーナーに掲載されました。評者は上川孝夫・横浜国立大学名誉教授です。

「オバマ政権の『レガシー(遺産)』,またこれに続くトランプ政権時代を,現代米国経済史の歴史像としてどう描くか。……本書の続編を期待する読者は少なくないはずだ。」

2017年7月11日 (火)

書評:『はじめてのNPO論』が『新潟日報』に掲載されました

L15041_3



澤村明・田中敬文・黒田かをり・西出優子/著

『はじめてのNPO論――一緒に役割を考えよう』

2017年4月刊

→書籍情報はこちら

『新潟日報』(2017年7月9日)の「郷土の本」コーナーにてご紹介いただきました。


2017年7月 6日 (木)

書評:『政治行動論』が『選挙研究』32(2)に掲載されました

L15029

飯田健・松林哲也・大村華子/著


『政治行動論――有権者は政治を変えられるのか』




→書籍情報はこちら


pencil『選挙研究』第32巻2号に,「書評」が掲載されました。評者は三輪洋文・学習院大学准教授です。

「章ごとに異なる分野の幅広い内容を扱っているにもかかわらず,全体が共通の問題意識により貫かれている」

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1