« 受賞:『地域ブランディングの論理』日本商業学会賞奨励賞 | トップページ | 受賞:『地域ブランディングの論理』日本フードサービス学会・学会賞 »

2017年5月31日 (水)

書評:『地域ブランディングの論理』が『日経広告研究所報』に掲載されました

L16480小林哲/著


『地域ブランディングの論理――食文化資源を活用した地域多様性の創出』


2017年4月刊

→書籍情報はこちら


pencil『日経広告研究所報』(292号)の「ブックレビュー」コーナーにてご紹介いただきました。評者は三浦俊彦・中央大学教授です。

「本書は,食資源を中核とする地域ブランドづくりの方法論がつまっており,各章の詳細で深い事例分析とともに,地域ブランドを考えるすべての人に薦めたい」

« 受賞:『地域ブランディングの論理』日本商業学会賞奨励賞 | トップページ | 受賞:『地域ブランディングの論理』日本フードサービス学会・学会賞 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/65351178

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:『地域ブランディングの論理』が『日経広告研究所報』に掲載されました:

« 受賞:『地域ブランディングの論理』日本商業学会賞奨励賞 | トップページ | 受賞:『地域ブランディングの論理』日本フードサービス学会・学会賞 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1