« 紹介:『グローバル化とショック波及の経済学』の紹介記事が『経済セミナー』に掲載。 | トップページ | 『実践 財政学』講義用スライドのご案内 »

2017年2月 3日 (金)

書評:『重層的地域としてのアジア』,『国際政治』186号に掲載。

L14910


大庭 三枝 /著
『重層的地域としてのアジア――対立と共存の構図』

2014年11月刊

 →書籍情報はこちら




motorsports 『国際政治』186号に本書の書評が掲載されました。評者は福田保・東洋英和女学院大学准教授です。

pen「本書が分析した日米中ASEANが望む地域秩序やASEANの中心性は,アジアの国際関係における最も重要なテーマの一つであり,本書はこの点において大きな知的刺激を与えてくれる」

« 紹介:『グローバル化とショック波及の経済学』の紹介記事が『経済セミナー』に掲載。 | トップページ | 『実践 財政学』講義用スライドのご案内 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/64845022

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:『重層的地域としてのアジア』,『国際政治』186号に掲載。 :

« 紹介:『グローバル化とショック波及の経済学』の紹介記事が『経済セミナー』に掲載。 | トップページ | 『実践 財政学』講義用スライドのご案内 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1