« 訂正:『臨床心理学』 | トップページ | 書評:『現代日本の「社会の心」』 »

2016年7月12日 (火)

書評:『広告コミュニケーション研究ハンドブック』

L18427水野由多加・妹尾俊之・伊吹勇亮/著
『広告コミュニケーション研究ハンドブック』

→書籍情報はこちら

pen『マーケティングホライズン』でご紹介いただきました。評者は小林健一・法政大学教授です。

「本書は,……『広告』というものに対して,関西在住の第一線の研究者たちが,社会科学,人間科学,広告の歴史,マーケティング論など各分野から計20の領域で,各領域における広告の捉え方,先行研究のレビュー,その領域での広告研究の現在の論点,今後の展望を論じた学際的な書である」

「広告を学ぶ学生,大学院生,広告ビジネスに携わる実務家,さらには広告の研究者にとって,座右に置きたい1冊である」

« 訂正:『臨床心理学』 | トップページ | 書評:『現代日本の「社会の心」』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/63905210

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:『広告コミュニケーション研究ハンドブック』:

« 訂正:『臨床心理学』 | トップページ | 書評:『現代日本の「社会の心」』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1