« 受賞:『租税競争の経済学』日本地方財政学会佐藤賞受章 | トップページ | 書評:『人材サービス産業の新しい役割』『日本労働研究雑誌』に掲載 »

2015年6月 2日 (火)

書評:『宝塚ファンから読み解く 超高関与消費者へのマーケティング』「日経広告研究所報」に掲載

L16457和田充夫/編
『宝塚ファンから読み解く 超高関与消費者へのマーケティング』


2015年3月刊

→書籍情報はこちら

『日経広告研究所報』281号の「ブックレビュー」欄に書評が掲載されました。評者は久保田進彦・青山学院大学教授です。


「単なる消費者分析に留まらず,それをマーケティング戦略へと発展させようという姿勢は,本書の大きな特徴といえる。」
「……超高関与消費者による市場創造型マーケティングは,今後さらに研究が期待される領域である。本書はそれ自体で優れた研究書であると同時に,今後の研究を発展させるための重要な基盤となるものであろう。」

« 受賞:『租税競争の経済学』日本地方財政学会佐藤賞受章 | トップページ | 書評:『人材サービス産業の新しい役割』『日本労働研究雑誌』に掲載 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/61683354

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:『宝塚ファンから読み解く 超高関与消費者へのマーケティング』「日経広告研究所報」に掲載:

« 受賞:『租税競争の経済学』日本地方財政学会佐藤賞受章 | トップページ | 書評:『人材サービス産業の新しい役割』『日本労働研究雑誌』に掲載 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1