« 新刊:『新しい時代の生活指導』 | トップページ | 新刊:『計画の創発』 »

2014年11月22日 (土)

新刊:『地域におけるソーシャル・エクスクルージョン』

S17403
加山弾 (東洋大学准教授)/著

2014年11月刊
A5判上製カバー付, 282ページ
定価 5,076円(本体 4,700円)
ISBN 978-4-641-17403-0

◆これからの地域福祉実践の糸口を手繰る◆

 地域のマイノリティが抱える生活問題に,地域福祉実践はどのようにアプローチすべきか。沖縄からの移住者コミュニティの形成史をたどりながら,現代に至る地域固有の問題を「ソーシャル・エクスクルージョン(社会的排除)」の問題として抽出し,構造化する。

序 章 地域福祉研究とソーシャル・エクスクルージョン
第1部 理論編─文化的排除に対する援助のアプローチ
 第1章 地域福祉研究における問題分析型立論─ソーシャル・インクルージョン志向の視座
 第2章 地域福祉課題としてのソーシャル・エクスクルージョン
 第3章 多文化共生を通じたソーシャル・インクルージョン─多文化主義的な援助の萌芽的実践から
第2部 事例編─A市B区における沖縄人コミュニティの形成と排除
 第4章 沖縄の移民コミュニティ形成史(1)─経済的困窮・社会主義思想・同化教育
 第5章 沖縄の移民コミュニティ形成史(2)─渡航から就労,定着へ
 第6章 近年までの沖縄人移住者コミュニティの展開と排除(1)─ポストコロニアル状況における隔絶と排除
 第7章 近年までの沖縄人移住者コミュニティの展開と排除(2)─A市B区地域福祉計画策定期間における質的調査から
 第8章 ローカル・ガバナンスと問題解決力の醸成─「琉球の自治」論をめぐって
 終 章 ディアスポラへの援助デザイン

« 新刊:『新しい時代の生活指導』 | トップページ | 新刊:『計画の創発』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『地域におけるソーシャル・エクスクルージョン』:

« 新刊:『新しい時代の生活指導』 | トップページ | 新刊:『計画の創発』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1