« 新刊:『企業会計入門』 | トップページ | 新刊:『続・心理統計学の基礎』 »

2014年11月26日 (水)

新刊『社会学の歴史Ⅰ』

S22039
奥村隆 (立教大学教授)/著

有斐閣アルマBasic

2014年12月刊
四六判並製カバー付 , 296ページ
定価 2,052円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-22039-3



◆社会学の流れがわかる◆

社会学者は何を「謎」ととらえ,どのように格闘してきたのか。19世紀から20世紀にかけての社会学の成立と展開を,はじめて学ぶ大学生への講義ライブという文体で魅力的に解説する。社会学者の声が響きあい,読み物としてもおもしろい入門テキスト。

第1章 「社会学」のはじまり─社会という謎
第2章 カール・マルクス─資本という謎
第3章 エミール・デュルケーム─連帯という謎
第4章 マックス・ヴェーバー─行為という謎
第5章 ゲオルク・ジンメル─距離という謎
第6章 シカゴ学派とミード─アメリカという謎
第7章 パーソンズとマートン─秩序という謎
第8章 亡命者たちの社会学─ナチズムという謎

« 新刊:『企業会計入門』 | トップページ | 新刊:『続・心理統計学の基礎』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊『社会学の歴史Ⅰ』:

« 新刊:『企業会計入門』 | トップページ | 新刊:『続・心理統計学の基礎』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1