« 新刊:『はじめて学ぶリスクと保険〔第4版〕』 | トップページ | 書評:『日本の消費者はなぜタフなのか』 »

2014年4月11日 (金)

書評:『教養としての経済学』「THE21」に掲載

164048_2一橋大学経済学部/編

 『教養としての経済学――生き抜く力を培うために』

2013年2月刊
→書籍情報はこちら

『THE21』(2014年5月号)の「私が売りたいこの一冊」にて紹介していただきました。

「面白いのが,購入されるお客様があらゆる年齢層にわたるということ。……ゼロから学びたい人はもちろん,自分の知識を再確認したい,あるいは最新情報をアップデートしたい,という人のニーズにも応えてくれるからでしょう。」
「一方,若い人が本書を読んでくれることで,今度はより深い内容の経済本を読む入り口となってくれるのではないかとも期待しています。」

« 新刊:『はじめて学ぶリスクと保険〔第4版〕』 | トップページ | 書評:『日本の消費者はなぜタフなのか』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/59450295

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:『教養としての経済学』「THE21」に掲載:

« 新刊:『はじめて学ぶリスクと保険〔第4版〕』 | トップページ | 書評:『日本の消費者はなぜタフなのか』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1