« 著者より:『日本の消費者はなぜタフなのか』「日経産業新聞」に掲載 | トップページ | 付加データ:『エコノリーガル・スタディーズのすすめ』 »

2014年2月13日 (木)

書評:『日本の消費者はなぜタフなのか』「日経消費インサイト」に掲載

16421_2

『日本の消費者はなぜタフなのか――日本的・現代的特性とマーケティング対応』
三浦俊彦著

2013年12月刊
→書籍情報はこちら

『日経消費インサイト』2014年2月号の「Book Review2」にて書評していただきましたpen

「『タフ』はイージーの反対語で,企業にとって日本の消費者を満足させるのは容易ではなく,大変であるという意味だ。本書は,その理由を理論と実証の両面で究明する。」

「ブランド戦略では,単品ではなく関連製品や付随製品と組み合わせ,文脈(コンテクスト)として意味づけていく方法や,消費者の記憶のうち『いつ,どこで』と結びついたエピソード記憶にブランド価値を刻み込んでいく戦略を説いている。」

« 著者より:『日本の消費者はなぜタフなのか』「日経産業新聞」に掲載 | トップページ | 付加データ:『エコノリーガル・スタディーズのすすめ』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/59124728

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:『日本の消費者はなぜタフなのか』「日経消費インサイト」に掲載:

« 著者より:『日本の消費者はなぜタフなのか』「日経産業新聞」に掲載 | トップページ | 付加データ:『エコノリーガル・スタディーズのすすめ』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1