« 書評:『日本の消費者はなぜタフなのか』「日経消費インサイト」に掲載 | トップページ | 付加データ:『行動経済学』 »

2014年2月21日 (金)

付加データ:『エコノリーガル・スタディーズのすすめ』

柳川隆・高橋裕・大内伸哉/編

『エコノリーガル・スタディーズのすすめ:社会を見通す法学と経済学の複眼思考』

2014年3月刊行予定
→書籍情報はこちら

*このサイトでは,今後の改正への対応などを中心に,さまざまな情報を提供していく予定です。

【お知らせ】
本書に関連した,一般向けの公開シンポジウムが,行われます(参加費は無料です)。本書の執筆者も公演予定です。
神戸大学「エコノリーガル・スタディーズ」プロジェクトの研究・教育成果のエッセンスをわかりやすくお伝えするシンポジウムです。
ぜひ,ご注目ください!

シンポジウム 『法学と経済学の複眼思考とは何か?

Els2_2

  主催:神戸大学経済学部法経連携専門教育プログラム事務局
  日時:2014331(月)18:30~20:30(18:00開場)
  場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ

      (大阪市北区鶴野町 梅田ゲートタワー8階)

申込先・問合せ先:神戸大学経済学部法経連携専門教育プログラム事務局(経済研究助成室内)

担 当:田中
メール: econ-els_info@port.kobe-u.ac.jp
電 話: 078-803-6847(内線6847)

*席に限りがありますので、3月24日(月)までにできるだけ事前登録をお願いします(当日参加可)




プログラム


趣旨説明 柳川隆(神戸大学経済学研究科教授)

第1部 基調講演
 1 滝井繁男(弁護士、元最高裁判事) 「法解釈における実経済の位置」
 2 二木雄策(神戸大学経営学研究科名誉教授) 「損害賠償の法と経済」
第2部 エコノリーガル・スタディーズのすすめ
 1 島並良(神戸大学法学研究科教授)「『もの』を所有する権利とは~知的財産法~」
 2 柳川隆(神戸大学経済学研究科教授)「競争を公正に行うためのルールとは~独占禁止法~」
 3 勇上和史(神戸大学経済学研究科准教授)「労働市場の望ましいルールとは~労働法~」
 4 角松生史(神戸大学法学研究科教授)「環境を守るためのルールとは~環境法~」

総括 大内伸哉(神戸大学法学研究科教授)
司会 高橋裕(神戸大学法学研究科教授)

« 書評:『日本の消費者はなぜタフなのか』「日経消費インサイト」に掲載 | トップページ | 付加データ:『行動経済学』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/59168116

この記事へのトラックバック一覧です: 付加データ:『エコノリーガル・スタディーズのすすめ』:

« 書評:『日本の消費者はなぜタフなのか』「日経消費インサイト」に掲載 | トップページ | 付加データ:『行動経済学』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1