« 書評:『関わりあう職場のマネジメント』「日本労働研究雑誌」に掲載 | トップページ | 著者より:『商学への招待』 »

2013年12月 4日 (水)

お知らせ:シンポジウム「これからの雇用政策と人事」を開催いたしました

有斐閣シンポジウム 「これからの雇用政策と人事~法と経済と人事の融合をめざして~」  を開催致しました。  【開催日時】 201425 18:30 開演(18:00 開場,20:30 終了予定 【場所】  東京商工会議所国際会議場   (〒100-0005 千代田区丸の内3-2-2 東京商工会議所ビル7階)

小社より刊行の, 『人事と法の対話-- 新たな融合を目指して 2013年10月発行

法と経済で読みとく雇用の世界ーこれからの雇用政策を考える(新版)2014年01月下旬予定(サブタイトルを一新,終章「これからの雇用政策を考える」を新たに書き下ろし,ブラッシュアップ!)

の2冊の出版を契機として,


その著者,

大内伸哉 先生神戸大学教授川口大司 先生(一橋大学教授) 守島基博 先生(一橋大学教授)に加え, 鶴光太郎 先生(慶應義塾大学教授) 平野光俊 先生(神戸大学教授)をお招きして,  これからの雇用政策と人事~法と経済と人事の融合をめざして~ と題したシンポジウムを開催致しました。 鶴先生,平野先生による基調講演と,5名の先生方によるパネルディスカッションを行います。社会の様々な環境変化を受けて雇用の制度改革が叫ばれるいま,働き方の多元化,賃金,退職・解雇を軸に,今後の望ましい雇用政策と企業の人事のあり方を討論します。  

Blog_yuhikakusympo_7

参加お申し込み・詳細】

 詳細・参加お申し込みは有斐閣特設サイトより。→ こちら また,参加お申し込みはFAXでも承ります。詳しくは→ こちら

 

« 書評:『関わりあう職場のマネジメント』「日本労働研究雑誌」に掲載 | トップページ | 著者より:『商学への招待』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/58695505

この記事へのトラックバック一覧です: お知らせ:シンポジウム「これからの雇用政策と人事」を開催いたしました:

« 書評:『関わりあう職場のマネジメント』「日本労働研究雑誌」に掲載 | トップページ | 著者より:『商学への招待』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1