« 書評:『近代大阪の産業発展』「エコノミスト」に掲載 | トップページ | 紹介記事:『伝統産地の経営学』「出版ニュース」で紹介 »

2013年9月30日 (月)

新刊:『西洋政治思想史』

220010_2宇野 重規 (東京大学教授)/著

『西洋政治思想史』
有斐閣アルマBasic

2013年10月刊
四六判並製カバー付  , 280ページ
予定価 1,890円(本体 1,800円)
ISBN 978-4-641-22001-0

◆魅惑的な古典の世界へと誘う◆

 古代ギリシアにおけるデモクラシーの誕生以来の政治思想の流れを平易に説明したテキスト。政治的人文主義や共和主義といった,近年活発に議論されている考え方を盛り込み,グローバル・ヒストリーの時代にふさわしい新しい政治思想史を構想する。

(もくじ)
はじめに 政治思想史とは何か
第1章 古代ギリシアの政治思想
第2章 ローマの政治思想
第3章 中世ヨーロッパの政治思想
第4章 ルネサンスと宗教改革
第5章 17世紀イングランドの政治思想
第6章 18世紀の政治思想
第7章 米仏二つの革命
第8章 19世紀の政治思想
結 章 20世紀の政治思想

« 書評:『近代大阪の産業発展』「エコノミスト」に掲載 | トップページ | 紹介記事:『伝統産地の経営学』「出版ニュース」で紹介 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『西洋政治思想史』:

« 書評:『近代大阪の産業発展』「エコノミスト」に掲載 | トップページ | 紹介記事:『伝統産地の経営学』「出版ニュース」で紹介 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1