« 付加データ:『入門・経済学(第3版)』学習サポートページ | トップページ | 新刊:『日本のジェンダーを考える』 »

2013年9月 3日 (火)

書評:『自殺のない社会へ』「毎日新聞」に掲載

Photo_2澤田康幸・上田路子・松林 哲也/著
『自殺のない社会へ――経済学・政治学からのエビデンスに基づくアプローチ』

2013年6月刊

book『毎日新聞』(2013年9月1日付)の「今週の本棚」で書評していただきました。評者は大竹文雄・大阪大学教授ですsign01

「本書の特徴は,自殺の変動要因を徹底的に数量的なエビデンスに基づいて分析していることである。」

「自殺を減らしたいという思いを実現するためには,何が有効かを明らかにしてくれると同時に,社会科学の役割を示してくれる本だ。」

« 付加データ:『入門・経済学(第3版)』学習サポートページ | トップページ | 新刊:『日本のジェンダーを考える』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/58121209

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:『自殺のない社会へ』「毎日新聞」に掲載:

« 付加データ:『入門・経済学(第3版)』学習サポートページ | トップページ | 新刊:『日本のジェンダーを考える』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1