« 新刊:『多文化世界 原書第3版』 | トップページ | 新刊:『西洋政治思想史』 »

2013年9月30日 (月)

書評:『近代大阪の産業発展』「エコノミスト」に掲載

Photo_3沢井 実 (大阪大学大学院教授)/著

『近代大阪の産業発展――集積と多様性が育んだもの』


2013年5月刊
→書籍情報はこちら

book『週刊エコノミスト』(2013年10月8日号)の「Book Review」で書評していただきました。評者は橘川武郎・一橋大学大学院教授ですsign01

「本書は,大阪が商工両面で日本経済をリードしていた戦前期に目を向け,機械・船舶・車輌・器具を含む広義の機械工業と,ブラシ・貝ボタン・琺瑯鉄器などの輸出雑貨工業の大阪における発展過程を詳細に分析している。」

「ひとり大阪経済のみならず,日本経済全体の再生への道を照らす良書である。」

« 新刊:『多文化世界 原書第3版』 | トップページ | 新刊:『西洋政治思想史』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/58294245

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:『近代大阪の産業発展』「エコノミスト」に掲載:

« 新刊:『多文化世界 原書第3版』 | トップページ | 新刊:『西洋政治思想史』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1