« 新刊:『パーソナリティの心理学』 | トップページ | 新刊:『ビギナーズ地域福祉』 »

2013年5月17日 (金)

新刊:『伝統産地の経営学』

164123

山田 幸三 (上智大学教授)/著

『伝統産地の経営学――陶磁器産地の協働の仕組みと企業家活動』

2013年07月刊
四六判並製カバー付 , 260ページ
定価 2,205円(本体 2,100円)
ISBN 978-4-641-16412-3

◆伝統産地の強さと生き残りの謎に,ビジネスシステムの視点で迫る!◆

 伝統産業は,なぜ生き残り続けることができたのだろうか? 経営学・ビジネスシステムの視点からその仕組みを読み解く。代表的な陶磁器産地である有田,信楽を題材に,技術継承と人材育成,競い合い高め合うための暗黙のルール,ブランド構築の仕組みを明らかにする。

(もくじ)
第1章 伝統産地を見る眼─産地と経営学の視点
 システムとしての産地
 柔軟な専門化とコミュニティ
 シリコンバレーの地域力
 陶磁器産地と協働の仕組み
第2章 伝統産地とビジネスシステム
 ビジネスシステムと伝統産業
 切磋琢磨とBJT(By the Job Training):京都花街と疑似家族集団
 顧客の人材育成機能と「顔の見える関係」:京焼と伝統文化
 過剰な競争の抑制:マラケシュのバザールと神戸スウィーツ
第3章 伝統産地と企業家活動
 創業経営者の二つの顔
 劇的な革命家と機敏な革新者:シュンペーターとカーズナーの企業家像
 企業家的志向性と正統性
 伝統産地の叡智と世襲企業家
第4章 和様磁器のふるさと「有田」─産地のヘゲモニーと重層的な人材育成
 わが国磁器のふるさと
 佐賀藩による統制と分業制
 産地の自生的再生と窯元のヘゲモニー
 二重構造の人材育成
第5章 大物陶器の伝統産地「信楽」──産地の変貌と企業家活動
 大物陶器造りの伝統産地
 産地の発展と単一製品中心の分業構造
 産地の危機と協働の仕組みの変化
 窯元の企業家活動と産地の不文律
第6章 競争が支える協働の仕組み──顧客への訴求力・競争の不文律・切磋琢磨
 伝統産地の二重の競争と顧客への訴求力
 協働・人材育成の仕組みと企業家活動
 競争の不文律と地域力
 伝統と革新:切磋琢磨と先代との競いあい

« 新刊:『パーソナリティの心理学』 | トップページ | 新刊:『ビギナーズ地域福祉』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『伝統産地の経営学』:

« 新刊:『パーソナリティの心理学』 | トップページ | 新刊:『ビギナーズ地域福祉』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1