« 新刊:『私たちの国際経済 第3版』 | トップページ | 新刊:『金融論』 »

2013年3月31日 (日)

新刊:『ケースブック日本の企業家』

164055宇田川 勝 (法政大学教授)/編

『ケースブック日本の企業家――近代産業発展の立役者たち』

2013年4月刊
A5判並製カバー付,280ページ
定価 2,940円(本体 2,800円)
ISBN 978-4-641-16405-5

◆近代日本の産業発展を導いた企業家群像◆

日本の産業発展を導いた企業家・経営者を各章で2人取り上げ,時代背景とともに,その活動について対照させつつ明快に描き出すケース集。重要性を増している非製造業等にも光を当て,いかにして企業経営を行い,成長を促し,産業革命を成し遂げたのかを解明する。

〈もくじ〉
CASE1 地方財閥の代表的形成者
       ──貝島太助・太市(貝島財閥)と安川敬一郎・松本健次郎(安川・松本財閥)
CASE2 紡績業の発展を支えた技術者企業家
       ──山辺丈夫(大阪紡績)と菊池恭三(大日本紡績)
CASE3 電気通信機ビジネスの発展を促した企業家
       ──沖牙太郎(沖電気)と岩垂邦彦(日本電気)
CASE4 日本の新聞産業の発展と企業家活動
       ──村山龍平(朝日新聞)と本山彦一(毎日新聞)
CASE5 日本型CSRの源流となった企業家
       ──大原孫三郎(倉敷紡績)と金原明善
CASE6 百貨店創成期を導いた企業家
       ──日比翁助(三越)と二代小菅丹治(伊勢丹)
CASE7 船成金の出現と企業家活動
       ──内田信也(内田汽船)と山下亀三郎(山下汽船)
CASE8 都市型サービス産業の開拓者
       ──五島慶太(東急電鉄)と堤康次郎(西武鉄道)
CASE9 水産講習所出身の清廉経営の実践者
       ──高碕達之助(東洋製罐)と中島董一郎(キユーピー)
CASE10 財閥銀行の歴史的大型合併に関わった銀行家
       ──万代順四郎(三井銀行)と加藤武男(三菱銀行)

« 新刊:『私たちの国際経済 第3版』 | トップページ | 新刊:『金融論』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/57083028

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『ケースブック日本の企業家』:

« 新刊:『私たちの国際経済 第3版』 | トップページ | 新刊:『金融論』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1