« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

書評:『政策志向の社会学』「書斎の窓に掲載」

173866武川正吾/著

『政策志向の社会学――福祉国家と市民社会』


2012年06月発行
→書籍情報はこちら

book『書斎の窓』(2012年11月号)に掲載された書評を,以下でもお読みいただけます。(評者は,秋元美世〔あきもと・みよ〕=東洋大学社会学部教授)

続きを読む "書評:『政策志向の社会学』「書斎の窓に掲載」" »

書評:『イノベーションの理由』「書斎の窓」に掲載

163928

武石彰,青島矢一,軽部大/著


『イノベーションの理由――資源動員の創造的正当化』
2012年3月発行
→書籍情報はこちら

book『書斎の窓』(2012年11月号)に掲載された書評を,以下でもお読みいただけます。(評者は,金井壽宏〔かない・としひろ〕=神戸大学大学院経営学研究科教授)

続きを読む "書評:『イノベーションの理由』「書斎の窓」に掲載" »

書評:『数学的・科学的リテラシーの心理学』 雑誌「理科の教育」2013年3月号に掲載

Riterasi

藤村宣之 (東京大学教授)/著

『数学的・科学的リテラシーの心理学
 ――子どもの学力はどう高まるか』
2012年12月発行

書籍情報は→こちら

book『理科の教育』2013年3月号の「図書紹介」欄に書評が掲載されました。

★☆☆

「こうした、心理学的実証研究に依拠しながら学力の内実を見極め、日本の生徒に不可欠な学力の育成に向けた提案がなされている点で、本書は極めて独創的である。」

2013年2月25日 (月)

書評:『沖縄返還と日米安保体制』「日本経済新聞」に掲載

中島 琢磨 (龍谷大学准教授)/著
『沖縄返還と日米安保体制』
2012年12月刊

書籍情報は→こちら

book2013年2月24日付『日本経済新聞』の読書欄に書評が掲載されました。

☆ ☆ ☆

「沖縄返還を取り上げた本はたくさんあるが,全体像を描いたものはさほど多くない。本書は返還に至る交渉過程を時間軸に沿って丹念に追い,読みやすい構成だ」

2013年2月19日 (火)

新刊:『ウェルビーイング・タウン 社会福祉入門 改訂版』

124974_2岩田 正美 (日本女子大学教授)
上野谷 加代子 (同志社大学教授)
藤村 正之 (上智大学教授)/著

『ウェルビーイング・タウン 社会福祉入門 改訂版』
有斐閣アルマInterest

2013年3月刊
四六判並製カバー付,298ページ
定価 1,890円(本体 1,800円)
ISBN 978-4-641-12497-4

◆「福祉の世界」への招待◆

続きを読む "新刊:『ウェルビーイング・タウン 社会福祉入門 改訂版』" »

新刊:『Do! ソシオロジー 改訂版』

124967友枝 敏雄 (大阪大学教授)
山田 真茂留 (早稲田大学教授)/編

『Do! ソシオロジー――現代日本を社会学で診る 改訂版』
有斐閣アルマInterest

2013年3月刊
四六判並製カバー付,312ページ
定価 1,890円(本体 1,800円)
ISBN 978-4-641-12496-7

◆第一線で活躍する12人の社会学者による,「社会学」への招待◆

続きを読む "新刊:『Do! ソシオロジー 改訂版』" »

新刊:『国際紛争と協調のゲーム』

149045鈴木 基史 (京都大学教授)
岡田 章 (一橋大学教授)/編

『国際紛争と協調のゲーム』

2013年3月刊
A5判並製カバー付,294ページ
定価 2,730円(本体 2,600円)
ISBN 978-4-641-14904-5

◆国際政治の謎に,ゲーム理論で迫る!◆

続きを読む "新刊:『国際紛争と協調のゲーム』" »

新刊:『はじめての社会保障 第10版』

124943_2椋野 美智子 (大分大学教授)
田中 耕太郎 (山口県立大学教授)/著

『はじめての社会保障――福祉を学ぶ人へ 第10版』
有斐閣アルマBasic

2013年3月刊
四六判並製カバー付,322ページ
定価 1,890円(本体 1,800円)
ISBN 978-4-641-12494-3

◆2012年制度改正 完全対応◆

続きを読む "新刊:『はじめての社会保障 第10版』" »

新刊:『渋沢栄一と人づくり』

164086橘川 武郎 (一橋大学教授)
島田 昌和 (文京学院大学教授)
田中 一弘 (一橋大学教授)/編著

『渋沢栄一と人づくり』
一橋大学日本企業研究センター研究叢書5

2013年3月発行
A5判上製カバー付,284ページ
定価 3,360円(本体 3,200円)
ISBN 978-4-641-16408-6

◆「合本主義」が照らし出す可能性とは◆

続きを読む "新刊:『渋沢栄一と人づくり』" »

新刊:『障害者福祉の世界 第4版補訂版』

124998佐藤久夫 (日本社会事業大学教授)
小澤 温 (筑波大学教授)/著

『障害者福祉の世界 第4版補訂版』

有斐閣アルマBasic

2013年3月刊
四六判並製カバー付,284ページ
定価 2,100円(本体 2,000円)
ISBN 978-4-641-12499-8

◆障害を理解し,支えあう社会のために◆

続きを読む "新刊:『障害者福祉の世界 第4版補訂版』" »

新刊:『財務会計・入門 第8版2訂』

124981桜井久勝 (神戸大学教授)
須田一幸 (元 早稲田大学教授)/著

『財務会計・入門 第8版2訂
 ――企業活動を描き出す会計情報とその活用法』
有斐閣アルマBasic

2013年3月刊
四六判並製カバー付,314ページ
定価 1,890円(本体 1,800円)
ISBN 978-4-641-12498-1

続きを読む "新刊:『財務会計・入門 第8版2訂』" »

2013年2月11日 (月)

新刊:『関わりあう職場のマネジメント』

164031鈴木 竜太 (神戸大学准教授)/著

『関わりあう職場のマネジメント』

2013年2月刊
四六判上製カバー付,260ページ
定価 2,625円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-16403-1

◆職場での身近な関係が,個人と組織の活力を育む◆

続きを読む "新刊:『関わりあう職場のマネジメント』" »

訂正:『はじめて学ぶ国際経済』

124219_2浦田秀次郎・小川英治・澤田康幸/著

『はじめて学ぶ国際経済』
2011年1月

→書籍情報はこちら

pen第2刷発行(2013年2月10日)に際して修正した点は以下をご覧ください。

 

 
 

続きを読む "訂正:『はじめて学ぶ国際経済』" »

2013年2月10日 (日)

新刊:『教養としての経済学』

164048_2一橋大学経済学部/編

『教養としての経済学――生き抜く力を培うために』

2013年2月刊
四六判並製カバー付,324ページ
定価 1,890円(本体 1,800円)
ISBN 978-4-641-16404-8

◆経済学の醍醐味をフルコースで味わう◆

続きを読む "新刊:『教養としての経済学』" »

新刊:『行政学』

124837曽我 謙悟 (神戸大学教授)/著

『行政学』
有斐閣アルマSpecialized

2013年2月刊
四六判並製カバー付,470ページ
定価 2,835円(本体 2,700円)
ISBN 978-4-641-12483-7

◆行政の実態をどう理解するか◆

続きを読む "新刊:『行政学』" »

2013年2月 8日 (金)

書評:『リレーションシップ・マーケティング』 「マーケティングホライズン」に掲載

L16400久保田進彦/著

『リレーションシップ・マーケティング』

2012年10月発行
→書籍情報はこちら

 
 
book『マーケティングホライズン』2013年第1号に書評が掲載されました(評者は明治大学商学部准教授・竹村正明氏)。

☆ ☆ ☆

「リレーションシップ・マーケティングが新しいマーケティング手法と言われて久しいが,大学教授にしか書けない作品が世に出てきたことを喜ばしく思う。多方面にわたるリレーションシップ研究の猟渉から,この研究領域のユニークな課題を精確に定義する1部は,良質の推理小説を読んでいるように引き込まれてゆく」

☆ ☆ ☆

「本書のオリジナルな理論的貢献は2部以降のコミットメント概念の再評価,測定,実証部分にある。議論が複雑になるところには必ず図が描かれており,多少難しい条件付きの説明であっても,理解の手助けをする」

 

2013年2月 7日 (木)

書評:『財政赤字の淵源』 「生活経済政策」に掲載

164024_3井手英策/著
『財政赤字の淵源―寛容な社会の条件を考える』
2012年10月刊行
→書籍詳細はこちら

book『生活経済政策』(2013年2月,No. 193)に書評が掲載されました(評者は京都大学大学院法学研究科教授・新川敏光氏)。

 

「筆者の議論は,大蔵省と政治の関係の時代的変化,とりわけ省庁再編による財政金融分離についてほとんど無視しているように思えるが(そこに筆者のメッセージがあるのだろう),大蔵省統制という一貫した視点から描いた骨太の財政史であり,読み応えがある」

☆ ☆ ☆

「筆者のいう財政社会学の真骨頂は,第3部(第5,6章)「寛容な社会の条件」にあるだろう。第5章では社会は増税を通じた社会保障の拡充へと軸足を移したにもかかわらず,「土建国家の粘着性と健全財政主義」,「したたかな大蔵省統制」の抵抗が強く,政治は土建国家を超えられないと指摘されている。結果として,低所得者や高齢者をバッシングする「寛容なき社会」が出現してしまった。第6章では,このような現実を変え,寛容な社会をつくる財政について様々な角度から検討が加えられる」

☆ ☆ ☆

「財政史から現状分析まで,実証研究から政策提言までを1つにまとめあげようという筆者の意欲と力量には敬意を表する」

紹介記事:『財政赤字の淵源』 「出版ニュース」で紹介

164024井手英策/著
『財政赤字の淵源―寛容な社会の条件を考える』
2012年10月刊行
→書籍詳細はこちら

book『出版ニュース』2013年1月下旬号「Book Guide」欄で紹介されました。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1