« 新刊:『沖縄返還と日米安保体制』 | トップページ | 新刊:『ベーシック経済学』 »

2012年12月11日 (火)

新刊:『地方分権改革の政治学』

149007木寺元 (北海学園大学准教授)/著

『地方分権改革の政治学――制度・アイディア・官僚制』

A5判上製カバー付,226ページ
定価 3990円(本体 3800円)
ISBN 978-4-641-14900-7
2012年12月刊

◆地方自治を「アイディア」の政治学で考える◆

制度が変化する過程や条件について,「アイディア」に着目した政治アプローチを用いて理論的に検討していく。日本の地方制度改革,とりわけ市町村合併,機関委任事務制度,地方財政制度改革,義務付け・枠付け,出先機関改革などをとりあげる。

〈もくじ〉
序 章 問いの所在──中央地方関係・アイディア・官僚制
第1章 分析枠組み
第2章 市町村合併の推進
第3章 機関委任事務制度の廃止
第4章 地方財政制度改革
第5章 第二次分権改革の隘路
終 章 地方制度改革と「アイディア」の政治
 あとがき
 参考文献
 索引

« 新刊:『沖縄返還と日米安保体制』 | トップページ | 新刊:『ベーシック経済学』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/56297276

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『地方分権改革の政治学』:

« 新刊:『沖縄返還と日米安保体制』 | トップページ | 新刊:『ベーシック経済学』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1