« 新刊:『現代政治学 第4版』 | トップページ | 新刊:『社会経済史学の課題と展望』 »

2012年3月 2日 (金)

新刊:『現代政治理論 新版』

124547川崎 修 (立教大学法学部教授)
杉田 敦 (法政大学法学部教授)/編

『現代政治理論 新版』
有斐閣アルマBasic

2012年3月刊
四六判並製カバー付 , 362ページ
定価 2,100円(本体 2,000円)
ISBN 978-4-641-12454-7

◆自由とは何か,公正な社会とは何か◆

現代の政治理論の重要な主題や概念をとりあげて,わかりやすく解説した入門書の新版。初版刊行後の政治理論研究の進展をふまえ全体をアップデートするとともに,新たに「環境と政治」の章を設けた。より深く政治について考えたい人に最適の入門書。

〈もくじ〉
第1章 政治――権力と公共性(川崎修)
第2章 権力――強制と自発性(川崎修)
第3章 リベラリズムの展開――その振幅と変容(金田耕一)
第4章 現代の自由論――自律とは何か(金田耕一)
第5章 平 等――正義を求めて(飯田文雄)
第6章 デモクラシー――歴史と現実(杉田敦/早川誠)
第7章 ネーションとエスニシティ――アイデンティティの政治(杉田敦/早川誠)
第8章 フェミニズムと政治理論――寄与と挑戦(井上匡子)
第9章 公共性と市民社会――公共性と市民社会(谷澤正嗣/早川誠)
第10章 環境と政治――自然,人間,社会(尾内隆之)
第11章 国境をこえる政治の理論(遠藤誠治)
       ――グローバリゼーション,デモクラシー,リベラリズム
読書案内/引用・参考文献

« 新刊:『現代政治学 第4版』 | トップページ | 新刊:『社会経済史学の課題と展望』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『現代政治理論 新版』:

« 新刊:『現代政治学 第4版』 | トップページ | 新刊:『社会経済史学の課題と展望』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1