« 新刊:『現代日本経済 第3版』 | トップページ | 新刊:『エスニック・アメリカ 第3版』 »

2011年5月25日 (水)

新刊:『乳幼児のこころ』

124295遠藤 利彦 (東京大学准教授)
佐久間 路子 (白梅学園大学准教授)
徳田 治子 (高千穂大学准教授)
野田 淳子 (東京経済大学専任講師)/著

『乳幼児のこころ――子育ち・子育ての発達心理学』
有斐閣アルマSpecialized

2011年6月発行
四六判 , 340ページ,定価 2,100円(本体 2,000円)
          ISBN 978-4-641-12429-5

◆子育てや子どもの発達の可能性を切り拓くために◆

赤ちゃんのために,親や環境はどうあるべきか。親・保育者の視点から学べる内容・構成で,豊富な図表・コラムと平易な叙述のニュースタンダード・テキスト。最新の研究知見を織り交ぜながら,子育てに携わる保育者・養育者のために「実践に生きる知見」を紹介。

〈もくじ〉
1 乳幼児のこころとは
 第1章 赤ちゃんのこころに引き込まれる──錯覚と発達
 第2章 赤ちゃんのこころに向き合う──錯覚から脱錯覚へ
 第3章 生命が芽生えるとき
2 乳幼児のこころとからだの謎を解く──初期能力と発達の諸側面
 第4章 赤ちゃんが世界と出会うとき
 第5章 人との関係の中で育つ子ども
 第6章 何から何を学んでいるの?──知的能力と学び
 第7章 はじめのことばはママかマンマ?!──ことば
 第8章 わたしはわたし──自己と感情の発達
 第9章 けんかしても,一緒にいたい──社会的世界の広がりと心の理解
 第10章 おもしろくってためになるの?──メディアとおもちゃ
3 乳幼児の発達・育ちを支える──子育て・保育の現場から
 第11章 楽しいだけじゃない子育て──発達臨床心理的援助の基礎
 第12章 ママ・パパのこと大好きなのに──乳幼児虐待
 第13章 なんとなく気になる子──発達のかたよりと支援

« 新刊:『現代日本経済 第3版』 | トップページ | 新刊:『エスニック・アメリカ 第3版』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『乳幼児のこころ』:

« 新刊:『現代日本経済 第3版』 | トップページ | 新刊:『エスニック・アメリカ 第3版』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1