« 書評:『「自尊心」を大切にした高機能自閉症の理解と支援』 『児童心理』に掲載 | トップページ | 書評:『病院の世紀の理論』 「週刊読書人」に掲載 »

2010年9月29日 (水)

新刊:『複雑さに挑む社会心理学 改訂版』

124189亀田 達也 (北海道大学教授)
村田 光二 (一橋大学教授)/著

『複雑さに挑む社会心理学 改訂版
 ――適応エージェントとしての人間』

有斐閣アルマSpecialized

四六判並製カバー付,286ページ,定価 1,995円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-12418-9
2010年10月16日発売

集団に組み込まれた個人を基礎に,「適応」と「マイクロ─マクロ関係」をキーワードとして,統合的な視点から「人間の社会性」を追究した,新しい社会心理学のテキスト。行動・実験経済学や社会神経科学等,10年間の研究知見を加えて,内容を刷新。

〈もくじ〉
 序 章 「人間の社会性」をどう捉えるか?
第1部 集団生活と適応
 第1章 社会的影響過程
 第2章 社会的交換
 第3章 グループとしての協調行為
 第4章 社会環境と適応行動
第2部 適応を支える認知
 第5章 社会的認知のメカニズム
 第6章 集団間認知とステレオタイプ
 終 章 統合的な社会心理学に向けて

« 書評:『「自尊心」を大切にした高機能自閉症の理解と支援』 『児童心理』に掲載 | トップページ | 書評:『病院の世紀の理論』 「週刊読書人」に掲載 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『複雑さに挑む社会心理学 改訂版』:

« 書評:『「自尊心」を大切にした高機能自閉症の理解と支援』 『児童心理』に掲載 | トップページ | 書評:『病院の世紀の理論』 「週刊読書人」に掲載 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1