« 新刊:『現代青年期の心理学』 | トップページ | 新刊:『日本経済学会75年史』 »

2010年9月27日 (月)

新刊:『経験から学ぶ人的資源管理』

183896上林 憲雄 (神戸大学教授)
厨子 直之 (和歌山大学准教授)
森田 雅也 (関西大学教授)/著

『経験から学ぶ人的資源管理』
有斐閣ブックス

A5判並製カバー付,400ページ,定価 2,730円(本体 2,600円)
ISBN 978-4-641-18389-6
2010年10月7日発売

今日的な新しい時代状況にあった「組織における人のマネジメント」の知識を体系化する超入門テキスト。人のマネジメントを初めて学ぶ学生,実践に役立てようとしている社会人の方に最適。日常経験や感覚から,経営や人事の面白さ,重要性が理解できるよう工夫。

〈もくじ〉
第1部 人的資源管理の位置づけ
 第1章 人の管理とはどんなことか(人的資源管理入門)
 第2章 組織は人をどのように捉えるのか(人間モデル・組織行動)
 第3章 人の働く組織をどのように作るのか(組織設計)
第2部 人的資源管理の仕組み
 第4章 組織は人をどのように雇い入れるのか(採用・配置)
 第5章 組織は人をどのように育てるのか(キャリア開発・人材育成・教育訓練)
 第6章 組織は仕事の結果をどのように評価するのか(評価・考課)
 第7章 組織は人をどのように処遇するのか(昇進・昇格)
 第8章 組織は人にどのような報酬を与えるのか(賃金・福利厚生)
 第9章 組織は人の安全と健康をどのように守っているのか(安全・衛生)
 第10章 組織は労働組合とどのように関わるのか(労使関係)
 第11章 組織は辞めていく人とどのように関わるのか(退職)
第3部 現代的トピックス──人的資源管理の多様化
 第12章 多様化する働く人たちを組織はどう管理するのか(女性労働・高齢者雇用)
 第13章 多様化する雇用形態を組織はどう管理するのか(非正規雇用)
 第14章 多様化する労働時間と場所を組織はどう管理するのか(裁量労働・在宅勤務)
 第15章 多様化する働く意味づけを組織はどう管理するのか(ワーク・ライフ・バランス)

 演習問題の解答・ヒントなど,書籍に掲載しない情報を,当ブログにアップロードしてまいります。
こちら

« 新刊:『現代青年期の心理学』 | トップページ | 新刊:『日本経済学会75年史』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『経験から学ぶ人的資源管理』:

« 新刊:『現代青年期の心理学』 | トップページ | 新刊:『日本経済学会75年史』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1