« 書評:『日本の工業化と女性労働』 | トップページ | 新刊:『財政研究 第6巻 ケインズは甦ったか』 »

2010年9月27日 (月)

新刊:『イギリス航空機産業と「帝国の終焉」』

163614坂出 健 (京都大学准教授)/著

『イギリス航空機産業と「帝国の終焉」
 ――軍事産業基盤と英米生産提携』

京都大学経済学叢書

A5判上製カバー付,324ページ,定価 4,935円(本体 4,700円)
ISBN 978-4-641-16361-4
2010年9月刊

パクス・ブリタニカからパクス・アメリカーナへの覇権の交代を,その軍事的基盤である航空機産業に焦点をあてて考察。第二次大戦後,交通・軍事手段の中心となる航空機の技術的発展を背景に,英米関係・対欧関係など各国の戦略を,一次資料を駆使して描く。

〈もくじ〉
 序 章 帝国の終焉とイギリス「衰退」
第1部 帝国再建期のイギリス航空機産業(1943-1956年)
 第1章 戦後イギリス航空機産業と帝国再建(1943-1956年)
 第2章 アメリカ航空機産業のジェット化をめぐる
       米英機体・エンジン部門間生産提携の形成(1950-1960年)
第2部 スエズ危機後における帝国再編策とイギリス航空機産業(1957-1965年)
 第3章 スエズ危機後におけるイギリス航空機産業合理化(1957-1960年)
 第4章 BOAC経営危機とフライ・ブリティッシュ政策の終焉(1963-1966年)
 第5章 イギリス主力軍用機開発中止をめぐる
       米英機体・エンジン間生産提携の成立(1965-1966年)
第3部 帝国からの撤退期における国際共同開発先のアメリカかヨーロッパかの選択
       (1966-1971年)
 第6章 帝国からの撤退期におけるイギリス軍用機国際共同開発の特質
       ──プルーデン委員会を中心に(1965-1969年)
 第7章 ワイドボディ旅客機開発をめぐる米英航空機生産提携の展開
       (1967-1969年)
 第8章 ロウルズ-ロイス社・ロッキード社救済をめぐる米英関係(1970-1971年)
 終 章 イギリスの「新しい役割」
 補 論 核不拡散レジームと軍事産業基盤
       ──1966年NATO危機をめぐる米英独核・軍事費交渉
           (1966年3月-1967年4月)

« 書評:『日本の工業化と女性労働』 | トップページ | 新刊:『財政研究 第6巻 ケインズは甦ったか』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『イギリス航空機産業と「帝国の終焉」』:

« 書評:『日本の工業化と女性労働』 | トップページ | 新刊:『財政研究 第6巻 ケインズは甦ったか』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1