« 書評:『コミュニケーションの社会学』 「書斎の窓」に掲載 | トップページ | 新刊:『社会福祉の利用者と人権』 »

2010年4月12日 (月)

新刊:『戦後日本外交史 第3版』

五百旗頭真 (防衛大学校長・神戸大学名誉教授)/編

『戦後日本外交史 第3版』

有斐閣アルマSpecialized

四六判並製カバー付, 394ページ,定価 2,100円(本体 2,000円)
ISBN 978-4-641-12407-3
2010年4月刊

戦後日本は,めまぐるしく変動する20世紀半ば以降の国際社会をどう航海したのか。占領期から今日に至る日本外交を10年きざみに分析・考察した,初めての戦後日本外交の通史。2009年夏の政権交代に至る時期までを含めて,吉田茂賞受賞作を第3版化。 

〈もくじ〉
第3版はじめに/初版はじめに
序 章 戦後日本外交の構図=五百旗頭真(防衛大学校長)
第1章 占領下日本の「外交」=五百旗頭真
第2章 独立国の条件──1950年代の日本外交=坂元一哉(大阪大学教授)
第3章 経済大国の外交の原型──1960年代の日本外交=田所昌幸(慶應義塾大学教授)
第4章 自立的協調の模索──1970年代の日本外交=中西 寛(京都大学教授)
第5章 「国際国家」の使命と苦悩──1980年代の日本外交=村田晃嗣(同志社大学教授)
第6章 冷戦後の日本外交=五百旗頭真
結 章 戦後日本外交とは何か=五百旗頭真
 参考文献/関連年表/事項索引/人名索引

« 書評:『コミュニケーションの社会学』 「書斎の窓」に掲載 | トップページ | 新刊:『社会福祉の利用者と人権』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『戦後日本外交史 第3版』:

« 書評:『コミュニケーションの社会学』 「書斎の窓」に掲載 | トップページ | 新刊:『社会福祉の利用者と人権』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1