« 新刊:『財政赤字と財政運営の経済分析』 | トップページ | 新刊:『子ども虐待対応の手引き 平成21年3月31日厚生労働省の改正通知』 »

2009年9月28日 (月)

新刊:『グローバリゼーション』

178045 正村俊之 (東北大学教授)/著

『グローバリゼーション――現代はいかなる時代なのか』

有斐閣Insight

四六判並製カバー付, 234ページ,定価 1,575円(本体 1,500円)
ISBN 978-4-641-17804-5
2009年9月刊

20世紀後半以降,急速に進んだ「グローバリゼーション」と呼ばれる地球的規模の相互依存。今や国内領域と国外領域,政治と経済と文化を切り離して論ずることはできない。気鋭の理論社会学者が,それらを総合的にとらえ,近代以降の歴史的文脈の中で考察する力作。

〈もくじ〉
はじめに
序 章 社会の地殻変動としてのグローバリゼーション
第1章 主権国家とウェストファリア体制の誕生
第2章 国際化とその前史
第3章 国際化から超国際化へ
第4章 機能分化の変容
第5章 グローバル社会の構造と理論
終 章 グローバリゼーションの行方
 あとがき
 引用文献
 さらに読み進む人のために

« 新刊:『財政赤字と財政運営の経済分析』 | トップページ | 新刊:『子ども虐待対応の手引き 平成21年3月31日厚生労働省の改正通知』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/46334343

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『グローバリゼーション』:

« 新刊:『財政赤字と財政運営の経済分析』 | トップページ | 新刊:『子ども虐待対応の手引き 平成21年3月31日厚生労働省の改正通知』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1