« 書評:『進化の経営史』 「日本経団連タイムス」に掲載 | トップページ | 新刊:『地域から見た国際政治』 »

2009年2月26日 (木)

新刊:『公共投資改革の研究』

163317_2 門野 圭司 (山梨大学准教授)/著

『公共投資改革の研究――プライヴァタイゼーションと公民パートナーシップ』

A5判 , 222ページ,定価 4,095円(本体 3,900円)
ISBN 978-4-641-16331-7
2009年2月刊行

◆ 持続可能な社会を構築するために ◆

公共投資改革はいかになされるべきか。プライヴァタイゼーションと公民パートナーシップの2つの概念を手がかりに,1970年代後半以降の日本における公共投資改革の展開過程を定量的・定性的に分析し,日本の社会経済システムのあるべき方向を明らかにする。

〈目 次〉
序 章 公共投資改革とプライヴァタイゼーション
第1章 NTT無利子融資制度の財政分析
第2章 リゾート開発と地方財政
第3章 民活導入と公共投資の再編
第4章 現代日本経済における公共投資の構造と機能
第5章 国庫補助負担金の改革と社会資本整備
第6章 公民パートナーシップ論の展開と社会資本整備
第7章 日本における公民パートナーシップの展開過程
終 章 持続可能な社会のための公共部門改革に向けて

« 書評:『進化の経営史』 「日本経団連タイムス」に掲載 | トップページ | 新刊:『地域から見た国際政治』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『公共投資改革の研究』:

« 書評:『進化の経営史』 「日本経団連タイムス」に掲載 | トップページ | 新刊:『地域から見た国際政治』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1