« 新刊:『公共投資改革の研究』 | トップページ | 新刊:『現代日本人の家族』 »

2009年2月26日 (木)

新刊:『地域から見た国際政治』

010284_1日本国際政治学会/編
国分 良成,酒井 啓子,遠藤 貢/責任編集

『地域から見た国際政治』
日本の国際政治学 第3巻


A5判 , 270ページ,定価 2,520円(本体 2,400円)
ISBN 978-4-641-01028-4

2009年2月刊行

地域研究が特定の国家や地域の内的文脈に関心をもつのに対し,国際政治学は国家・地域間の関係性や外的文脈の解明に関心をもつ。本巻は,地域研究と国際政治学の関係を考えると同時に,地域研究がグローバルな研究への脱皮を迫られていることを明らかにする。

序 章 地域研究と国際政治学の間=国分良成
第1章 国家とナショナリズム=竹中千春
第2章 紛争の理論と現実──地域から見た武力紛争=武内進一
第3章 地域主義の経験と課題──欧州の場合=森井裕一
第4章 中国と国際政治──交錯する中国像とグローバリゼーション=小嶋華津子
第5章 ASEAN共同体とシンガポール=田村慶子
第6章 中東の国際政治──他者に規定される地域と紛争=酒井啓子
第7章 国際政治の中のイスラームと宗教=小杉 泰
第8章 アフリカと国際政治──国家変容とそのフロンティア=遠藤 貢
第9章 ラテンアメリカ──二重の移行の国際政治学=出岡直也
第10章 中域ユーラシア──国際関係の新たなパラダイムを求めて=岩下明裕
第11章 アメリカ──国内政治と国際政治の連動=久保文明

« 新刊:『公共投資改革の研究』 | トップページ | 新刊:『現代日本人の家族』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『地域から見た国際政治』:

« 新刊:『公共投資改革の研究』 | トップページ | 新刊:『現代日本人の家族』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1