« 著者より:怒りについて(TBSラジオ「Science Xitalk」より) | トップページ | 新刊:『プラクティカル産業組織論』 »

2008年12月26日 (金)

新刊;『都市と地域の経済学 新版』

183711_9 黒田達朗 (名古屋大学教授)
田渕隆俊 (東京大学教授)
中村良平 (岡山大学教授)/著

『都市と地域の経済学 新版』

有斐閣ブックス

A5判,348頁,定価 2,625円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-18371-1
2008年12月刊行

都市や地域の盛衰をはじめとして,住宅,産業立地,地域間格差,交通,環境,地方財政等,多岐にわたる都市と地域の問題を解明する。バブル経済の崩壊や平成の大合併に伴い,データを更新するとともに,発展の著しい空間経済学の理論を取り入れて全面的に改訂。

〈目次〉
第1章 都市と都市化の概念
第2章 都市集積の理論
第3章 都市規模と都市システム
第4章 住宅の立地
第5章 都市の空間構造
第6章 産業の立地
第7章 地価と土地政策
第8章 住宅市場の理論と政策
第9章 地域経済の基本構造
第10章 地域経済の成長理論
第11章 地域間格差と人口移動
第12章 地域間交易と空間経済学
第13章 都市と地域の交通
第14章 都市の環境問題
第15章 公共部門と都市・地域政策

« 著者より:怒りについて(TBSラジオ「Science Xitalk」より) | トップページ | 新刊:『プラクティカル産業組織論』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊;『都市と地域の経済学 新版』:

« 著者より:怒りについて(TBSラジオ「Science Xitalk」より) | トップページ | 新刊:『プラクティカル産業組織論』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1