« 新刊:『租税論』 | トップページ | 新刊:『東南アジア経済史』 »

2008年10月 3日 (金)

新刊:『交通経済学入門』

Koutuukeizaigakunyumon 竹内健蔵/著
『交通経済学入門』

有斐閣ブックス

A5判並製カバー付,292頁,定価 2100 円(税込 2205 円)
ISBNコード 978-4-641-18368-1
2008年10月刊

ラッシュ時の道路混雑や満員電車,乗客ゼロで空気を載せて運ぶ路線バス,1センチも前に進まないのに上がるタクシー料金──これら身近な交通問題の背景には,常識を覆す合理的な理由が存在することを,基本的な経済理論を用いて巧みに解明した入門テキスト。

〈目 次〉
第1章 交通経済学を学ぶにあたって
第2章 交通サービスの特殊性
第3章 交通データの分析
第4章 交通の費用
第5章 運賃理論
第6章 運賃政策
第7章 規制政策
第8章 交通投資
第9章 外部補助と内部補助
第10章 交通ネットワーク
第11章 交通経済学の展望

〈著者情報〉
竹内健蔵 東京女子大学教授

« 新刊:『租税論』 | トップページ | 新刊:『東南アジア経済史』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/42671832

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『交通経済学入門』:

« 新刊:『租税論』 | トップページ | 新刊:『東南アジア経済史』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1