« 書評:『国際レジームとガバナンス』 「公明新聞」に掲載 | トップページ | 新刊:『文系のための環境科学入門』 »

2008年9月25日 (木)

新刊:『福祉政治』

178021_2宮本太郎/著
『福祉政治――日本の生活保障とデモクラシー』

有斐閣Insight

四六判並製カバー付,230頁,定価 1500 円(税込 1575 円)
ISBNコード 978-4-641-17802-1
2008年9月刊

福祉国家のあり方が問い直される中で,社会保障や福祉が政治的争点の中心にせりあがってきている。福祉政治は生活保障やデモクラシーのあり方をどう変えるのか。福祉政治分析の理論を整理し,併せて1960年代以降の日本を中心に福祉政治の展開を考察する。

〈目 次〉
 はじめに
序 章 日本の福祉政治──なぜ問題か,どう論じるか
第1章 福祉レジームと雇用レジーム
第2章 福祉政治をどうとらえるか
第3章 一九六〇・七〇年代の福祉政治──雇用レジームと福祉レジームの形成と連携
第4章 一九八〇年代の福祉政治──福祉レジームの削減と雇用レジームの擁護
第5章 一九九〇年代後半以降の福祉政治──雇用レジームの解体と福祉レジームの再編
終 章 ライフ・ポリティクスの可能性──分断の政治を超えて
 あとがき
  引用文献
  さらに読み進む人のために
  事項索引
  人名索引

〈著者情報〉
宮本太郎 北海道大学教授

« 書評:『国際レジームとガバナンス』 「公明新聞」に掲載 | トップページ | 新刊:『文系のための環境科学入門』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/42588785

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『福祉政治』:

« 書評:『国際レジームとガバナンス』 「公明新聞」に掲載 | トップページ | 新刊:『文系のための環境科学入門』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1