« 新刊:『社会学をつかむ』 | トップページ | 書評:『基本ケースで学ぶ地域経済学』 「ESP」に掲載 »

2008年7月 3日 (木)

新刊:『米欧同盟の協調と対立』

173453渡邊啓貴/著
『米欧同盟の協調と対立――二十一世紀国際社会の構造』

四六判上製カバー付,284頁,定価 2500 円(税込 2625 円)
ISBNコード 978-4-641-17345-3
2008年7月刊

◇ 国際社会の基層がここに ◇

英米「特別の関係」が言われる半面で米欧関係は確執に満ちている。ヨーロッパは,EUとして一体性を増してもいる。では,米欧関係とはいかなる関係であり,米欧同盟とはいかなる同盟なのか。米西戦争からイラク戦争とその後に至るまでの米欧関係を分析・考察する。

〈目 次〉
  はじめに
第1章 力関係の逆転と覇権的協力関係
第2章 「新冷戦」から冷戦の終結へ
第3章 覇者の責任と驕り
第4章 対立と和解──イラク戦争をめぐる米欧関係
第5章 超大国の普遍的論理と行動──どのようにして優位性を維持していくのか
第6章 多極的世界と多国間主義の論理と限界
終 章 「安全保障共同体」としての同盟とグローバルな見識
  あとがき

〈著者情報〉
渡邊啓貴 東京外国語大学教授(在仏日本大使館公使 広報・文化担当,2008年4月~10年3月予定)

« 新刊:『社会学をつかむ』 | トップページ | 書評:『基本ケースで学ぶ地域経済学』 「ESP」に掲載 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/41723861

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『米欧同盟の協調と対立』:

« 新刊:『社会学をつかむ』 | トップページ | 書評:『基本ケースで学ぶ地域経済学』 「ESP」に掲載 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1