« 新刊:『文化人類学で読む日本の民俗社会』 | トップページ | 書評:有斐閣Insightシリーズ 「日本経済新聞」に掲載 »

2007年12月31日 (月)

新刊:『基本ケースで学ぶ地域経済学』

183544kihonkesudemanabu 中村剛治郎/編
『基本ケースで学ぶ地域経済学』

有斐閣ブックス

A5判並製カバー付,364頁,定価 2400 円(税込 2520 円)
ISBNコード 978-4-641-18354-4
2008年1月刊行

地域経済のメイン・トピックスを選び,それらを典型的にあらわす地域のケースから読み解くことで,現代の地域経済学を体系的に学ぶ,新しいスタイルの教科書。グローバル化のなかで地域経済がどのような姿をあらわし,どのような方向へ向かうべきなのかを示す。

〈目次〉
 序 章 現代地域経済学の基礎と課題=中村剛治郎

第Ⅰ部 日本の大都市圏
 第1章 国境を超える地域経済=加茂利男
       ――「世界都市・東京」
 第2章 工業地帯・大都市圏・国土の構造=中村剛治郎
       ――横浜・川崎・神奈川経済を事例とする比較分析
第Ⅱ部 日本の地方都市と地域システム
 第3章 地方中枢都市の成長と成熟化=高原一隆
       ――福岡市と札幌市の比較を中心に
 第4章 地方都市の内発的発展=佐無田 光
       ――金沢モデルの意義と展開
 第5章 地方工業都市=榊原雄一郎
       ――自動車工業集積地域・愛知県西三河地域
 第6章 商業集積と地域経済=鈴木 誠
       ――大垣市中心市街地・商店街の再生
第Ⅲ部 日本の農山村地域経済
 第7章 中山間地域の内発的発展と主体形成=多田憲一郎   
       ――岡山県新庄村の地域再生
 第8章 農村リゾートと複合的発展=岡田知弘
       ――温泉のまち・由布院を事例に
第Ⅳ部 欧米の地域経済
 第9章 ハイテク・ビジネス知識経済と地域経済=中村剛治郎
       ――アメリカ・シリコンバレーを事例に
 第10章 「専門化」中小企業の地域ネットワーク=鎌倉 健
       ――イタリア・ボローニャの発展
 第11章 ポスト工業化時代の都市再生と地域経済=中村剛治郎
       ――イギリス・バーミンガムを事例に
 第12章 サステイナビリティと地域経済=佐無田 光
       ――ソーラー・シティに挑戦するドイツ・フライブルク
 
 終 章 日本の地域政策=安東誠一

〈編者紹介〉
中村剛治郎 横浜国立大学教授
 

« 新刊:『文化人類学で読む日本の民俗社会』 | トップページ | 書評:有斐閣Insightシリーズ 「日本経済新聞」に掲載 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/17531797

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『基本ケースで学ぶ地域経済学』:

« 新刊:『文化人類学で読む日本の民俗社会』 | トップページ | 書評:有斐閣Insightシリーズ 「日本経済新聞」に掲載 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1