« 書評:『地方財政改革の政治経済学』 「朝日新聞」に掲載 | トップページ | 新刊:『MBAのための国際金融』 »

2007年8月10日 (金)

新刊:『日本民族の福祉文化基盤』

173347 星野貞一郎/著
『日本民族の福祉文化基盤――神道福祉と仏教福祉』

四六判上製カバー付,234頁,定価 2000 円(税込 2100 円)
ISBNコード 978-4-641-17334-7
2007年8月刊

 

◇ 神道・仏教から福祉思想を探る ◇

縄文時代・弥生時代から流れる日本に固有の神道と仏教に現れる福祉文化。『古事記』『日本書紀』などの神話や神社・祭りなど今に生きる神道と,仏教公伝・聖徳太子の時代から菩薩信仰・俗聖にいたる仏教信仰を追い,日本人の福祉文化の基盤をわかりやすく描く。

〈目 次〉
序 章 「住みよい社会」をつくるために
第1章 神道──私たちの暮らしに密着
 1 日本固有の神道
 2 日本民族精神の原像としての神道
第2章 神道福祉文化との関連を探る
 1 「神道」の特徴
 2 山の神から田の神へ
 3 神々の福祉的役割
第3章 日本的福祉文化の萌芽・発生
 1 日本的福祉文化の萌芽
 2 日本的福祉思想の発生
第4章 仏教の伝来と福祉思想
 1 神仏の習合とその背景
 2 仏教の伝来と仏教的福祉思想
 3 神と仏の融合
第5章 日本的仏教福祉思想
 1 日本的仏教の開花と福祉
 2 鎌倉伝統仏教と新仏教の福祉への取組み
第6章 庶民のほとけと福祉
 1 庶民のほとけ
 2 毛坊主と福祉
終 章
 1 神道福祉と仏教福祉から学ぶ

〈著者情報〉
星野貞一郎 東日本国際大学教授

« 書評:『地方財政改革の政治経済学』 「朝日新聞」に掲載 | トップページ | 新刊:『MBAのための国際金融』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『日本民族の福祉文化基盤』:

« 書評:『地方財政改革の政治経済学』 「朝日新聞」に掲載 | トップページ | 新刊:『MBAのための国際金融』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1