« 書評:『アソシエーティブ・デモクラシー』 「図書新聞」で紹介 | トップページ | 新刊:『生活支援の社会福祉学』 »

2007年7月31日 (火)

新刊:『実践的研究のすすめ』

173323 小泉潤二,志水宏吉/編
『実践的研究のすすめ--人間科学のリアリティ』

A5判並製カバー付,310頁,定価 2400 円(税込 2520 円)
ISBNコード 978-4-641-17332-3
2007年7月刊

 
 
 
◇ 期待通りには進まない だからこそおもしろい ◇

研究はなかなか期待通りには進まない。研究者はどのように考え研究を進めていくべきか。数々の研究実践のリアリティを描き出し,そこから導き出された方法上の要点を示す。実践的研究とは何かを示し,主たる研究法の詳細と特徴を解説する,最新のテキスト。

〈目 次〉
第1部 研究のプロセス
 第1章 「実践的研究」
 第2章 研究をデザインする
 第3章 研究を位置づける
 第4章 研究を進める
 第5章 研究をまとめる
第2部 研究の方法
 第6章 実験法
 第7章 質問紙法
 第8章 行動観察法
 第9章 統計解析
 第10章 フィールドワーク
 第11章 インタビュー法
 第12章 臨床心理面接法
 第13章 混合研究法
 第14章 アクション・リサーチ

〈編者情報〉
小泉潤 大阪大学教授
志水宏吉 大阪大学教授

« 書評:『アソシエーティブ・デモクラシー』 「図書新聞」で紹介 | トップページ | 新刊:『生活支援の社会福祉学』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『実践的研究のすすめ』:

« 書評:『アソシエーティブ・デモクラシー』 「図書新聞」で紹介 | トップページ | 新刊:『生活支援の社会福祉学』 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1