« 特集:『リーディングス環境』 | トップページ | 編集部員より:神保町いまむかし »

2006年11月 1日 (水)

編集室の窓:『書斎の窓』2006年12月号に掲載

大学での学習・研究のガイドも,私たちの出版活動の柱です。今月は都筑学著『心理学論文の書き方』が刊行となります。

ほとんどの心理学科,心理学部で卒業論文は必修ですが,本書はアイディアの発想から論文提出後まで,作業全体の流れに沿って,卒論,修論の書き方を手引きします。具体例を入れ,よくある失敗例や注意すべき点をコラムで紹介するなど,わかりやすく実践的で,論理的に論文を組み立てる力をつける,心理学科生必携の書となりました。

大学生の勉強のあり方を認識と行動の二つの次元から解説した,溝上慎一著『大学生の学び・入門』も,今春同じアルマ・シリーズから刊行され,好評のうちに版を重ねています。大学入学後,まず学び方のガイドが必要とされる時代,小社では,それに役立つテキストの開発にも努めます。

入門編だけでなく,研究案内も充実です。アルマ「研究法」のラインナップに,岩田正美・小林良二・中谷陽明・稲葉昭英編『社会福祉研究法』が加わりました。『心理学研究法』『社会学研究法 リアリティの捉え方』『リサーチ・マインド 経営学研究法』同様ご活用下さい。(I)

*弊社のPR誌『書斎の窓』(月刊)に掲載されている,当部の近況案内「編集室の窓」を転載しました。

« 特集:『リーディングス環境』 | トップページ | 編集部員より:神保町いまむかし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/14177445

この記事へのトラックバック一覧です: 編集室の窓:『書斎の窓』2006年12月号に掲載:

« 特集:『リーディングス環境』 | トップページ | 編集部員より:神保町いまむかし »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1