« 編集部員より:一期一会 これまでの編集活動を振り返って | トップページ | 編集室の窓:『書斎の窓』2004年11月号に掲載 »

2004年10月 1日 (金)

新刊:『社会調査法入門』

183058盛山和夫/著
『社会調査法入門』

有斐閣ブックス

A5判並製カバー付,334頁,定価 2300 円(税込 2415 円)
ISBNコード 4-641-18305-8
2004年9月刊

 
 

初学者のためのスタンダードな入門テキスト。社会調査法について,おさえておくべき基本的な事柄をバランスよく丁寧に解説する。社会調査を社会学の研究全体のなかに位置づける待望の本格的入門書。

〈目次〉
第1章 何のための社会調査か
第2章 量的調査と質的調査それぞれの意義
第3章 調査と研究の進め方
第4章 社会調査を企画する
第5章 ワーディング
第6章 調査票の構成のしかた
第7章 サンプリング
第8章 調査の実施とデータ・ファイルの作成
第9章 分布と統計量
第10章 検定という考え方
第11章 平均の検定と差の検定
第12章 クロス表と相関係数
第13章 回帰分析を理解する
第14章 質的な研究とはどういうものか
第15章 確率の基礎

〈著者情報〉
盛山和夫 東京大学教授

« 編集部員より:一期一会 これまでの編集活動を振り返って | トップページ | 編集室の窓:『書斎の窓』2004年11月号に掲載 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊:『社会調査法入門』:

« 編集部員より:一期一会 これまでの編集活動を振り返って | トップページ | 編集室の窓:『書斎の窓』2004年11月号に掲載 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1