« 編集室の窓:『書斎の窓』2004年9月号に掲載 | トップページ | 特集:「新しい自治体の設計」全6巻,完結 »

2004年8月18日 (水)

付加データ:『モードの社会史』

181683_4能澤慧子/著
モードの社会史
1991年9月刊

【本書に収録できなかった図・写真を掲載しています】

(2004年8月18日更新)

◆『モードの社会史』参考画像◆

England 第3章1.イギリスの貴婦人
出所:ホラール画『諸国の服装』1643年より
France 第3章2.フランスの地主階級の女性
出所:第3章1.に同じ
18011 第4章1.18世紀後期の多様なフランスの女性モード。男子服風上着も流行する。
出所:Guillaumot,Augueste Etienne:Costumes duⅹⅷe siecle d'apres les dessins de Watteau,Lecrec,Cochine,tec.1870sより
18022 第4章2.ポロネーズに似た後腰を膨らませたスタイル
出所:第4章1.に同じ
18033 第4章3.男子服を取り入れた乗馬用ルダンゴット
出所:第4章1.に同じ
18044 第4章4.巨大化した世紀後期の女性の髪形
出所:第4章1.に同じ
18055 第4章5.イギリスの影響から流行し始めたフラック19世紀のフロックコートの前身
出所:第4章1.に同じ
18066 第4章6.上に同じ
出所:第4章1.に同じ
18071 第4章7.ルダンゴットを着た女性
出所:Historical Costumeより
1901jdm1801a 第5章1.古代風白モスリンのドレスと黒いベルベットのスペンサー。1801年
出所:Journal des dames et des modes誌より
1902jdm1801b 第5章2.松葉型装飾のギリシャ風ドレス。1801年
出所:第5章1.に同じ
1903jdm1804a 第5章3.細身の薄地のドレスとカシミヤのショール。1804年
出所:第5章1.に同じ
1904jdm1804b 第5章4.16世紀風フリルの衿付きのエンパイヤ・シルエットのドレス。1804年
出所:第5章1.に同じ
1905jdm1819 第5章5.厚手絹地のルダンゴット。慎ましやかに横顔を隠す帽子は19世紀半ばまで続く。1819年
出所:第5章1.に同じ
1906jdm1819a 第5章6.リスの毛皮付きのドレスと白鳥の羽を飾った帽子。1819年
出所:第5章1.に同じ
1907jdm1819b 第5章7.衿の高い午前中のドレス。16世紀風フリルの衿。1819年
出所:第5章1.に同じ
1908jdm1819c

第5章8.灰色地に白い薄地で装飾した夜会服。1819年
出所:第5章1.に同く

1909jdm1819d 第5章8.灰色地に白い薄地で装飾した夜会服。1819年
出所:第5章1.に同じ
1910pcd1836a 第5章10.ロマンティック時代の幻想的な夜会服。なで肩と細いウェストの強調とスカートのふくらみが30年代の特徴。1836年
出所:Petit courrier des dame誌より
1911pcd1836b 第5章11.羊脚型の袖の昼間の外出着。1836年
出所:第5章11.に同じ
1912jd1848a 第5章12.40年代のいっそう細くなったウェストと広がりをさらに強調したスカート。クリノリンの流行が始まる。1848年
出所:Jounals des demoiselles誌より
1913jd1848b 第5章13.クリノリンで広げられたスカートの表面装飾が目立つ。1848年
出所:第5章12.に同じ
1914jd1856 第5章14.クリノリン・スタイルの最盛期のスタイル。1856年
出所:第5章12.に同じ
1915jd1863 第5章15.スカートの稜線はシャープになり、やや後部が強調されるのが60年代の特徴。1863年
出所:第5章12.に同じ
1916jd1873 第5章16.バスル・スタイル。1873年
出所:第5章12.に同じ
1917jd1881 第5章17.鞘型シルエット。80年代半ばまでにはバスルは再びふくらみ、80年代末まで流行する
出所:第5章12.に同じ
1918jd1890 第5章18.細いウェスト、膨らんだ袖、優美なすそ広がりのスカートからなるスタイルは、やがてS字型シルエットへと移行する
出所:第5章12.に同じ
1919kategreenaway1 第5章19.エンパイア時代を思わせる少女服の表現
出所:ケイト・グリーナウェイ『マリーゴールド・
ガーデン』(1885年)より
1920kategreenaway2 第5章20.18世紀末から19世紀初頭に流行した少年服。ケイト・グリーナウェイ『窓の下で』(1885年)より
出所:第5章20.に同じ
2001les20modes20001172 第6章A-1.ヴェネチア風レースのディナー・ドレス。装飾的な19世紀末アール・ヌーヴォー・スタイルは20世紀初頭にも継続していた。1903年
出所:Les Modes誌より
2002les20modes20004172 第6章A-2.S字型シルエットのアフタヌーン・ドレス。1903年
出所:Les Modes誌より
200320002172 第6章A-3.ポール・イリブ画。1908年
出所:『ポール・イリブが語るポール・ポワレの衣装集』より
200420005172 第6章A-4.ポール・イリブ画。1908年
出所:第6章A-3.に同じ
200520007172 第6章A-5.ポール・イリブ画。1908年
出所:第6章A-3.に同じ
201illust1920poiret 第6章B-1.第1次世界大戦後のモード。ポール・ポワレの作品。
スカートの短縮化はこの後さらに進む。1920年
出所:L'illustration誌より
202ilusst192010 第6章B-2.第1次世界大戦後のカジュアルなスタイル。ドゥイユの作品。1920年
出所:L'illustration誌より
203illust192110 第6章B-3.ジャンヌ・ランヴァンの作品。着やすく、しかも華やかなスタイル。1921年
出所:L'illustration誌より
204femina19277 第6章B-4.ショート・スカート、ショート・ヘア、セーターなどは
20年代後半に定着した。1927年
出所:Femina誌より
205femina19284 第6章B-5.女性の生活に浸透したスポーツ用のスタイル。1928年
出所:Femina誌より
Femina193110a 第6章B-6. 30年代にはスカートは再び長くなる
出所:Femina誌より
Femina193110b 第6章B-7 30年代の夜会服
出所:Femina誌より

« 編集室の窓:『書斎の窓』2004年9月号に掲載 | トップページ | 特集:「新しい自治体の設計」全6巻,完結 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198678/13918014

この記事へのトラックバック一覧です: 付加データ:『モードの社会史』:

« 編集室の窓:『書斎の窓』2004年9月号に掲載 | トップページ | 特集:「新しい自治体の設計」全6巻,完結 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1