« 訂正:『環境ホルモンの最前線』 | トップページ | 編集室の窓:『書斎の窓』2003年1・2月号に掲載 »

2002年11月 1日 (金)

編集室の窓:『書斎の窓』2002年12月号に掲載

11月は,わが編集室おける出版領域の多様性を反映して,広い分野にわたって力のこもった新刊が揃いました。

佐藤郁哉著『組織と経営について知るための実践フィールドワーク入門』は,社会学や組織論などで行われる組織調査の進め方を「方法」「発想」「技法」の三つの視点からステップを踏んで学べるよう工夫された魅力的なフィールドワーク入門です。佐藤慶幸著『NPOと市民社会』は,アソシエーション論の視点から現代社会において新しい組織原理と活動様式をもつNPOの可能性を論じた現代的テーマの力作です。庄司興吉著『日本社会学の挑戦』は,1980年代から現在までの日本社会学の広範な研究動向をテーマ別に文献レビューし,社会学研究・学習にとって必読のガイドブックとなっています。また,松井三郎ほか著『環境ホルモンの最前線』《有斐閣選書》は,現在問題となっている環境ホルモンについて,第一線の研究者たちが最新の知見を一般市民向けに分かりやすく解説しています。高嶋克義著『現代商業学』《有斐閣アルマ》は,変貌著しい現代商業の動向を踏まえつつ,「構造」「関係」「行動」という斬新な構成で商業学の理論化=商業理論の確立をめざした好著です。(I)

*弊社のPR誌『書斎の窓』(月刊)に掲載されている,当部の近況案内「編集室の窓」を転載しました。

« 訂正:『環境ホルモンの最前線』 | トップページ | 編集室の窓:『書斎の窓』2003年1・2月号に掲載 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 編集室の窓:『書斎の窓』2002年12月号に掲載:

« 訂正:『環境ホルモンの最前線』 | トップページ | 編集室の窓:『書斎の窓』2003年1・2月号に掲載 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Google+1

  • Google+1